マダム昌代の野菜で美レシピ

野菜を中心としたヘルシーメニューに、 愛犬ナナや映画やお笑いの話もね。 (旧ブログ「マダム昌代のおもにお野菜レシピ」から引っ越してきました。) http://madamemasayo.blog57.fc2.com/

お弁当ダイエット(タイカレー)

[画像:80988b3e-s.jpg]

ダイエットに効果抜群!

新しく買ったお弁当箱(フードマン)が、なかなかの優れもの。あり合わせの野菜をグリーンカレーにして、詰めてみた。ルーは市販のものです。とくにハウスの「カフェカレ」シリーズが、一人分ずつ作れるからよろしくてよ。

それをお弁当箱に詰めて、っと。
「おいおい、漏れるんじゃない?」と思うでしょう?さすがに縦には怖くてできなかったけど、バッグの底に入れて持ち歩いても全然大丈夫でした。

実は5月から、ムッシュと二人でゆるくダイエットをしています。
お互いアラ還だし、健康寿命を伸ばしたい、というのが動機かな。

ルールはシンプル。
①夜9時以降は食べない。
②週に3日は、ランチは野菜中心のお弁当にする。
③白米を玄米に切り替える。ちょっとだけ低糖質を心がけて、量を少な目に。

それと、日常生活の中でなるべく体を動かすようにした。

とにかく私たちは白米が大好きで、おかわりするのは当たり前だったけど、玄米にしてみたら、しっかり噛むようになったし、玄米は腹持ちがいいから、無駄にお菓子をつまむこともなくなった。
お弁当も玄米か五穀米を100g程度にして、おかずを多めに食べるようにした。

本当にこれだけで、特にムッシュが効果絶大。

なんと3か月で7kgくらい減ったから、会う人から「痩せました?」と聞かれるほど。
お腹のポッコリがなくなったのも良かったけれど、何よりも血圧が安定して、不整脈とかなんとなく心臓が不調な感じも解消したそうだ。

私だって3kgくらい減ったんだぞ。誰も気づかないけど。
見た目はそんなに変わらないけど、仕事用のシャツの胸回りがきつかったのが、ちょっと楽になったのが嬉しい。
フードマン買ったことだし、ムッシュに負けないように、ちょっと本気出してみようかと思う。
目標は・・・・「おや、マダム、ちょっと顔が小さくなりましたね」と、言われる程度に。。。。

本日のお弁当
・グリーンカレー。具材は、なす&パプリカ&しめじ&オクラ
・レンコンとサツマイモ蒸し
・玄米 80g

ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります


グリーンティービール(生茶葉からの)

image


長い道のりでした。。。

先日、狭山茶の茶畑で摘んだ茶葉、まだ残ってます。当初は、生茶葉から自家製煎茶を作るだけのつもりだったけど、キリンの「グリーンラベル」で、グリーンティービール作ることを思いついたんです。「グリーンつながり」ってだけですけどね。以下、写真とともに、経過報告。

image

生茶葉は、一つかみずつ耐熱ボウルに。

image

電子レンジ500wで1分半。半乾きを箸でかき回す。熱いからいきなり揉まない。

image

もみもみ。

image

またレンジにかけて、もみもみ。

image

3-4回でこんな感じ。

image

さっそく急須で飲んでみよ。

image

おいしい!ちゃんとお茶!

image

グライダーにかけてみよっと。

image

やった!粉茶できた!!

image

小さじ1杯を大さじ2のお湯でねり、適量をコップに入れて、ビールを注ぐ。

苦いものに苦いものを混ぜるから、すんごく苦くなるかと思ったけど、意外とさわやかなフレーバービールになりました。
考えたら、こんなに苦労しなくても、市販の抹茶で作れば、もっと色よく味よく出来たかもしれない。いやいや、本日半日がかりの作業を否定するから、言うまい。

作業そのものはとても楽しかったけど、正直「別々に飲みたい」と思ってしまったマダムでした。
でもどこぞのビールメーカーで「抹茶ビール」市販したら、海外で受けると思う。お食事のおともに、油っぽい料理でも、さっぱり頂けると思うのよねー。

桜エビのかき揚げ(つみたて茶葉入り)

image


茶葉の苦味が桜エビとベストマッチ!

昨日の記事に詳述しましたが、昨日狭山茶の茶畑で茶摘みをさせて頂きました。

茶畑も人生初なら、生の茶葉も初めてです。
何を作ろう?
「料理法がよくわからなければ、とりあえず天ぷらにしてみると、まず間違いは起こらない。」と誰かが言ってたな。
茶畑からの帰りがけに立ち寄ったスーパーで見つけた釜揚げの桜エビと一緒にかき揚げにしてみました。

image

小さなボウルに一杯くらいの茶葉です。美しいですね。ほんのひとつまみ使います。

image


タマネギの薄切り1/4個分、桜エビ大さじ3、茶葉ひとつまみをボウルに入れる。そこに片栗粉小さじ2 小麦粉小さじ4をふり入れ、冷水小さじ2を加えて、さっと混ぜる。

この生地を一口大くらいずつ、中温の油で2-3分揚げれば出来上がり。小さいかき揚げが6個できました。

image


桜エビのほのかな塩味で十分おいしいですが、お好みで天盛りの塩と一緒に頂きます。

暑い日はそうめんなど冷たい麺類と合わせてもいいですね。油で揚げると茶葉の苦みが柔らかくなり、桜エビと相性良く、サクサクと一気に食べられますよー。

桜エビはそろそろシーズンが終わります。乾燥桜エビをそのまま使ってもオーケーです。生茶葉がなければ三つ葉でどうぞ。



  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。


日本茶アンバサダーになりました。

image


「一芯二葉」って、これなんですね。

本日、狭山茶の茶畑に行って来ました。「日本茶アンバサダー」の公認講座です。日本茶の良さを周囲に広めるアンバサダーの認定を頂きました。
同年代の複数の知人が、「お茶を飲む習慣がない。」「もちろん家に急須はない」と話しているのを耳にして、なんだかザワザワしていたんです。
日本の食文化になくてはならない「お茶を飲む」ことが、当たり前でなくなっていく。
例えば、家にいらしたお客様にちょっと上等の茶器でお茶を出すこと、例えば、仕事が一区切りついたところでお茶を淹れて気分転換すること、例えば、食後に家族でお菓子と一緒にお茶タイム…。

そんな日本的で温かい光景が、消滅してしまうのではないか、漠然とした危機感を感じています。

お茶の物知り博士的な「日本茶インストラクター」は荷が重いけど、「お茶好き」の証明みたいな日本茶アンバサダーは、ちょうどいい感じ。

てなわけで、先週座学で日本茶のあれこれを学び、昨日は茶畑で実習をしました。

小手指駅からバスに揺られて、茶畑に着きました。

image


image


茶畑に入るのは初めてです。なんてきれいな風が吹いているのでしょう。一番茶摘採後だから、二番茶ですかね。先端の芯とその下の葉を2枚、指先で簡単に摘めます。へー。こんなに柔らかいんだ~。

image


茶摘み(のまねごと)の後は、隣接する工場で製茶の工程を説明頂きました。片居木園の社長さんは眼光鋭い寡黙な男前。お茶への熱い思いを、語って下さいました。

image


そして、男前が丹精込めて作ったお茶を、品種や等級を隠して、みんなで大試飲大会。一度にいろんなお茶を、味見する機会は滅多にないので、好みのお茶を探すのは楽しいものです。実はぜーんぶ美味しかったんですけどね。

10人のメンバーはさすがにお茶好き。プロもいたから、盛り上がる盛り上がる。あっという間に時間が過ぎました。

日本茶アンバサダー協会代表の満木さん、所沢市の片居木園さん、所沢商工会議所のみなさん、得がたい体験をさせて頂きました。ありがとうございました!

※追記
7/2の記事で、今日摘んだ茶葉を使ったレシピを掲載しました!




  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。

ブルーベリーのフェイクパイ

image


卵、乳製品不使用のヘルシーパイ

さあ、今年も千葉産のブルーベリーが店頭に並びました。ちょっと前までは、ブルーベリーと言えばジャムか冷凍ものしかなかったけど、今は新鮮なブルーベリーが気楽に食べられる。ニッポンの栽培農家さん、ありがとう。

このブルーベリーのパイは、1990年代イギリスのマンチェスターの料理学校で、スタッフの1人が試作品として作っていたものを教えてもらい、日本の食材で再現してみたもの。
チーズパイみたいだけど、違います。卵も乳製品使っていませんし、コレステロールもないですよ。

主な材料は「豆腐」です。でも食べてすぐ材料を言い当てる人はほとんどいない。言われてみれば、後味に豆腐っぽい香りを少しだけ、感じます。

そのせいか、日本茶にもコーヒーにも合う。

さっき、ふらっと娘が帰ってきた。パイ焼いてたことを知らないはずなのに、なんという嗅覚!
もと茶道部の娘、「抹茶を飲みたくなった。」とカシャカと茶筅を回して、カフェオレカップに薄茶を作って、振る舞ってくれた。
合う合う。ブルーベリーパイと抹茶。

まあでも、茶道の先生が見たら卒倒しそうなお点前だけどね。

image




  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。







梅干しと33年前の約束

image


今年は小ぶりな梅だけど。

なかなかの美人揃いとみた。
近所のスーパーで2キロ購入。丸一日追熟して、シフト休みの火曜日に朝からゆっくり塩漬けにしました。

結婚した年から、ずっと漬けているけれど、年に1回だけだから、毎年おっかなびっくりな感じ。経験が蓄積されていない、というか。
だから、毎年新鮮な気持ちで梅仕事をしています。

ムッシュ、夕方近くに帰宅。ちょっと遠出をして疲れたらしい。夕食後、
「もうジャージ着て良いかな?」と尋ねてきた。「もう8時だし。いいんじゃない?」と私。実は、私たち夫婦は結婚直後、「家で安易にジャージ(パジャマ)を着ない」と約束をして、ずっとそれを守っている。女性はワンピースやウェストゴムの普段着があるから、私はパジャマ以外でも楽ちんな格好はできるけど、ムッシュは大変。家での格好は基本ジーンズかチノパンだ。

休日のお父さんが一日ジャージで過ごすのは当たり前だけど、我が家の掟はそれを許さない。

ムッシュは自営業だから、決まった時間にスーツを着て会社に行く訳ではない。この掟があるおかげで、自分なりの「規律」を保っている。
私の逆鱗に触れるのがこわいからかもしれないけどね。

初めて梅干しを漬けた33年くらい前、上記「ジャージの掟」の前にもう一つ約束と言うか、お互いにお願いをしている。ムッシュから私に「太らないで欲しい」と至ってシンプルな要望が提示され、その流れで「ジャージの掟」と繋がっていったと記憶している。

私からムッシュには何をお願いしたかって?
いやあ、四半世紀前の私は可愛かった。

「死なないでね。」と言ったらしい。

小さい頃に父親を亡くしているので、ごく自然に口にしたのだが、ムッシュはいたく感激し、美談エピソードとして、あちこちに吹聴していた。

歯医者以外でほとんど病院に行ったことがない私の10倍は各科くまなく通院している現在のムッシュ。まあそれでも約束通り、生きてくれている。

娘も独立したいま、思う。

甘かった。

もっとハードルを上げておくべきだった。
「郊外に瀟洒なお家を買って、年に2回は海外旅行に連れてって。」とか。

意外にも真面目なムッシュのこと。目標達成のために頑張ってくれたかもしれない。

あはは。冗談冗談。

そんなこと言ったら、プレッシャーで早死していたよねー。

梅雨が明けたら、我が家の梅干しが出来る。
今年もお互い存命でいたことに感謝しつつ、梅干しご飯を食べようと思う。

梅(南高梅〉 ・・・1キロあたり
塩・・・・・・・・・・130クラム(13%)
焼酎・・・・・・・・50cc (5%)

砂糖・・・・・・・・・50クラム(5%

赤紫蘇  200g (梅の重さの20%)
塩     40g (紫蘇の葉の20%)



  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。

ルパーブジャムの酸っぱいフレンチトースト

image


ダイエット中なもんで。

いつものフレンチトーストに、以前、このブログで紹介した、ルパーブのジャムとドリップヨーグルトをトッピングしました。

見た目と違って、酸っぱいです。
マダムたまりかねて粉糖をかけてしまいました。

ルパーブは、イメージとしては、初夏が旬ですが、10月頃まで出回るようです。

昨年10月に新浦安の「さわみつ」で買ったルパーブで試作したジャムは娘に大好評で、今日同じ店でルパーブを見つけた時は、嬉しくて3束購入。
全部ジャムにしました。
作り方はこちら。

image


ルパーブは、すぐ柔らかくなるから、簡単にジャムができます。

ムッシュと娘と私の3人は、4月からダイエットを意識した食生活を送っている。実はルパーブジャムは、ダイエット生活の助っ人なんです。

もともと高血圧で体重を減らすように医者から指導を受けていたムッシュ。4月のウェールズ旅行を契機に、健康年齢を伸ばすことを強く意識し始めた。

そして、

娘のダイエットのきっかけは1枚の写真。今年の正月休み。浅草寺の初詣の帰り、参道でメロンパンを持ってご満悦の写真が、「どっちがメロンパンか?」と言うくらいパンパンだった。これはまずい、と思ったみたい。

私は、いつもダイエット、と言っていい。年齢的に代謝しないもん。普通に食べれば確実に太る。でも家族がいるから、1人分だけダイエット食にするのは、なかなか大変。意思も弱いしね。で、この数年はじわじわと体重が増加傾向で、スーツのボタンが苦しくなってきた。洋服が着られなくなるのは、経済的にもまずい…。

そんな折、ふたりがダイエット宣言。
ちゃっかり、それに便乗しました。

で、話を戻します。
ルパーブジャムがダイエットに効果的、という話。

ダイエットするということは、摂取する絶対量を減らすわけで、どうしても便秘になりますよね。
このルパーブジャムを食べると、なぜが我が家のメンバーにはてきめんに効果が表れる。
植物繊維を多く含んでいるからだと思う。

見た目もフキみたいで、繊維感半端ないですもん。それにこの尋常でない酸味には、きっといろいろカラダに良さそうなものが含まれているに違いない。

朝はルパーブヨーグルトかルパーブトーストを食べて、お弁当には五穀米、夕食は玄米に切り替えた。そして、夜9時以降は食べ物を摂取しないようにした。

娘はジムに通ったり、合気道の道場に行って体を動かしていたが、私はお風呂上がりに自己流体操をする程度。

2ヶ月近いダイエットを意識した食生活を送った結果、ムッシュは3キロ、娘と私は2キロの体重減に成功。目標体重には届いていないので、家族ダイエットは、今も継続中です。

また、結果報告しますねー。




  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。










コンテチーズのベイザンヌサラダ

image


「レシピブログ」主催、コンテチーズと日本酒のマリアージュイベントに行ってきた。

料理ブロガーやってると、時々こういう「食」関連のイベントに呼んでもらえるのが、小さな楽しみだったりする。お土産も頂けるし、発想豊かな人達とも知り合える。
さっそく今日もらったコンテチーズでベイザンヌサラダを作ってみた。「ベイザンヌ」とは、野菜などを1センチ角に切ったものを言います。取り急ぎ、おうちにあった野菜とコンテチーズをカットして、マスタードをきかせたドレッシングであえる。うんうん。コクのあるコンテチーズが良い仕事をしてくれている。

さて、イベント報告。

コンテチーズとはフランスの東部、アルプスにほど近いジュラ産地一帯で作られる、ハードチーズのことです。

image


「コンテチーズ、食べたことない人おられます?」と、本日の講師、日本語ペラペラのフランス人ファビアンさんが冒頭に聞く。「はーい!」と元気よく手を上げたら、2-3人しかいなくて、びっくり。え、そうなの?みんな知ってたんだー。ちなみにファビアンさんが持っているのがコンテチーズ、の模型です。

コンテチーズは添加物を一切使わず、最低4ヶ月、最高18ヶ月、熟成させるそうな。しかも、その熟成の度合によって、風味や食感がぜんぜん違うの。

image


左から、一番若い8ヶ月間熟成、真ん中が12ヶ月。右が18ヶ月。色も弾力や食感、もちろんお味も、ぜんぜん違います。

まずはそれぞれくんくん匂いを嗅いだりお味見をして、次にファビアンさんが用意した日本酒4種とのマリアージュを楽しみました。

image



お酒が、また個性的。これもファビアンさんチョイス。チーズを口に含んで、日本酒で流し込む。アミノ酸を感じるものや、酸味が強く出たり、逆にミルク臭が残るものもある。


image


フランス人が的確な日本語で繊細な味の違いを表現しているのに、日本語ネイティブの私は、「おっ、合うね。」「んー。ビミョー。」と、語彙ではなく、感覚的な表現しかできない。
ま、おいしければ、いいじゃない、ということで。


image


それにしても、チーズと日本酒、合います。
まさに国境を越えた愛!
私が若い頃は、「酒は英語でrice wine」と習ったけど、今は「サケ SAKE」でいいよね。

今日イベントでもらった資料に、ベイザンヌサラダが紹介されていて、帰宅してすぐアレンジバージョンを作ってみたわけ。

※レシピ覚え 二人分
コンテチーズ  50g
かぶ      1個
ジャガイモ   1個(ゆでたもの)
キュウリ   1/2個
ミニトマト   4個
枝豆      適量

塩     小さじ1
リンゴ酢  大さじ2
オリーブ油 大さじ3
粒マスタード 小さじ1
塩コショウ 適量


チーズが好きなムッシュが、残っていたコンテチーズをワインと一緒にまたたく間にたべちゃった。
また食べたいから、販売店を探さないと。

そうそう。コンテチーズは加熱してもいけるんです。ファビアンさんイチオシの「ポテトグラタン」、夏になる前に作ろうと思う。



  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。



茶粥。ほうじ茶派?緑茶派?

1120032

香ばしいのはほうじ茶粥、旨みを感じるなら緑茶粥。

私の実家が奈良に近いため、子供のころから母が作るほうじ茶の粥に親しんできた。
専用の「茶袋」があって、お粥を炊くとき鍋に一緒に入れて、好みのタイミングで引き上げる。
それで家庭の味が決まる。しっかりお茶の色を出したいけど煮過ぎると渋くなるから、頃合いが難しいですね。

1120026

茶袋の代わりに不織布のお茶パックを使います。米1/2カップの全粥にほうじ茶大匙2杯。

1120036

さらっとしたお粥が好き。熱々も、冷めたのも好き。

本日は、気分が乗ったし、無農薬栽培のお茶を入手したので、緑茶のお粥も作ってみた。

1120029

大さじ2弱の煎茶を60℃で5分ほど、ゆっくり淹れます。美しい色味。
茶こしでこしたお茶はお粥ができるまで、冷蔵庫に入れておく。
残った茶葉は、酒、みりん、薄口しょうゆで、つくだ煮を作るといい。

1120033

カップ1/2のお米で作った全粥が煮あがる寸前に、とりおいたお茶をさっと入れて、火を止める。
ほうじ茶粥は時間が経っても大丈夫だけど、緑茶粥はすぐ食すべし。
写真ではよくわからないけど、出来立てのきれいなお茶の色と香りを楽しむためにね。

お茶は何が何でも無農薬、という考えはないけれど、茶葉をそのまま食べる場合は、まあ気分的に無農薬茶を選びます。今日使ったのは、宇治茶でも静岡茶でもなく「朝宮茶」です。とある新茶のイベントで初めて知った「朝宮茶」。この美しい名前のお茶は、滋賀県の南端、信楽町の産です。茶産地として有名なところらしいですが、生産量はかなり少ない。寒暖差の激しい気候で育った力強いお茶、という感じですね。茶葉も大きくしっかりしていて、つくだ煮にぴったりでした。

1120024

そうそう。この棒ほうじ茶がおいしかった。私のソウルフードの茶粥に使ったら大正解。
静岡の「カネカ北川製茶」のものです。
甘くて香ばしくて、雑味がなくて。指名買いしたくなりました。


ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります

卒業ミッションは「ティーパーティー」を開催せよ。

1110877

自宅でアフタヌーンティー!

実は、これ通信教育の「認定課題」なんです。
紅茶についてもっと知識を深めたくて、手っ取り早く通信教育に申し込んでみたものの、即座に後悔しましたね。私はコツコツ努力することが苦手。考えてみたら過去に勢いで申し込んだ通信教育はことごとく挫折していたのでした。

「英語リスニング」「消費生活アドバイザー」「書道」などなど。

でも、今回は違いました。通信教育でも、好きなことなら続けられるのですね。
受講期間は6か月だけど、3か月で卒業課題に到達しました。のほほ。

一見豪華なアフタヌーンティーですが、100円ショップのグッズが大活躍。写真のガラス皿や小物は、100均で調達しました。プレートラック(2段)は今回思い切って購入しましたが、小さなテーブルを立体的に使えるし、何よりも、「ザ・おもてなし」という感じでインパクト大。使わないときは折りたためるし、家にあるお皿を使えるから無駄がない。買ってよかった家庭用品でした。

初夏のティーパーティーだから、ウェルカムティーはエルダーフラワーシロップ入りのアイスティー。

1110864

ウェールズ研究家のムッシュのために、レアビットとバラブリスを用意。

1110879

定番のスコーンにさわやかなイチゴのフールで初夏を演出。

1110871


そしてそして、きゅうりのサンドイッチとスモークサーモンのカナッペ。

1110874

一見、すごく大変そうですが、事前に作っておけるから、ティーパーティーは、もてなす側にとっては、ストレスが少なく、お客様ともゆっくりおしゃべりが楽しめるのです。

ちょいちょいこのメニューでお茶会、やってみよーかなー。



ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります

茎わかめの酢漬け

1110860

コンビニに売ってるアレよりもおいしいよ。

これも南三陸からの頂きものです。

茎わかめはざっと洗ってから、適当な大きさにカットして、たっぷりの水に3時間ほど浸しておく。
一口大にカットして、3-4分ゆでて、ざるにあけ、リンゴ酢 1カップ  てんさい糖 1/2カップ強 うすくちしょうゆ 70ccを混ぜた大き目のボウルの中に投入。粗熱がとれたら保存容器へ。
2-3時間で食べごろになります。1週間はおいしく頂けます。添加物などが入っていないから、すっきりとして本当においしいですよ。
さらに
茎わかめを食べた後のマリネ液にキュウリやさっとゆがいたニンジンなどをつけても絶品。和風マリネというわけですね。
さらにさらに
この茎わかめを細かく刻んで、マヨネーズで和えるとおいしいタルタルソースができます。

ただいま、私とムッシュは絶賛ダイエット中です。
この茎わかめは、おやつがわりに頂いてます。ノンカロリーのおやつ。
なかなか、調子いいですよん。

ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります


おしゃれワカメ

image


南三陸のワカメ、頂きました。

仕事先の友人が「南三陸町に行って来たので。」と、突然パンパンのジップロックに詰めたワカメを持ってきてくれました。

あの震災直後のボランティアで通い始めたらしい。「ちょっと友達に会いに行く感じですかね。」「漁師にならないかって言われたんですけど、船酔いが、きつくて。」と、本人はあくまで自然体。お若いのに、えらいわあ。

今の季節のワカメは肉厚なんですよね。試しにお味噌汁に入れてみたらしゃくしゃくとした歯ごたえがたまらない。そう言えば昔はこんなワカメを食べていた。いつの間にか、手軽な乾燥ワカメになっていたな。しばらくこの味を忘れていた気がする。

それで本日のランチは、ワカメサラダ。車麩の唐揚げを添えてのビーガンメニューです。

image


あくまでワカメサラダがメインなんですけどね。車麩は常備しておくと、いろいろ応用できて重宝します。薄く味付けしただし汁で戻して、醤油、みりん、しょうが、ニンニクをからめて、片栗粉を振って、カラリと揚げる。見た目鶏の唐揚げみたいでしょ。

肝心のワカメサラダのドレッシングは、バルサミコ酢1しょうゆ1オリーブ油2の割合を大きめボウルに入れて、混ぜておく。塩抜きしてざく切りにして、熱湯をまわしかけて冷水にさらしたワカメを投入、塩コショウして味を整える。ミニトマトやレモンスライス、キュウリは小さくカットして、いろどりに。


※夕食は、たっぷりのモヤシと白髪ネギとワカメをさっと炒めて塩コショウとラー油して、「チャルメラ」にトッピングして、頂きました。チャルメラ一袋で二人分いけたよ。


  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。

春におすすめ、ミントティー。

image


私は日本茶をちょっと入れます。

緑茶とミントがこんなに合うなんて!
昔、「モロッコティー」が、緑茶(中国産)とミントのブレンドだと聞いたことがある。でもあちらのみなさんは、お砂糖を大量に入れるらしい。
甘くてもさっぱりしていて美味しそうだけど、個人的には、お砂糖抜きが好きかな。

一般的なハーブティーとしてのミントティーは、ミントの葉っぱだけだけど、そこに少し日本茶の茶葉を入れてあげます。

春先になると、たまらなく飲みたくなるお茶です。なんでかなーと思っていたけど、わかりました!

先日、正木稔子先生の「食と心の健康」セミナーを受講したんです。正木先生は、現役の耳鼻科医のかたわら、「病気になる前にできることがあるんじゃないか」と、東洋医学の概念から、食事や生活のアドバイスをしてくれています。この日のテーマは「春のケア」。

○春は血流が良くなり、肝の働きが高まる。
○冬に蓄えたエネルギーを外に発散するため、自律神経のバランスを崩しやすい…
等々。

そう言えば、だるさを感じたり、軽いめまいがするのも、今の季節ばかりだな~。なるほどなるほど。

春は「肝」を補う食材を摂ると良いらしい。

リストを見ると、あるある、ミント!
そっかー。
やっぱり体が欲していたのね。

image


ポットにミントの葉を入れて熱湯を注ぎ、5分蒸らします。お湯が少しさめて、緑茶の適温になりますから、そこに茶葉を少々(私は好きな茶葉をティーバッグに入れて使っています)。
2分ほどで、できあがり。

image


カカオたっぷりなビターなチョコがあれば、なお良し。

私は水筒に入れて持ち歩くこともあります。使用後も水筒にほのかにミントの香りが残って、いい感じですよ。



  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。




「燻製紅茶」で香りづけレシピ

今日は、静岡県島田市の「カネロク松本園」さんの「燻製紅茶」を使ったレシピを3点ご紹介します。
3月初旬に幕張メッセで開催された「FOODEX2017」のブースで出会った、あまりに衝撃的なこのお茶は,
文字通り、「燻製」されています。紅茶なのに、香りはスモークチーズみたい。今まで出会ったことのない、大人な紅茶です。
このスモーキーな香りを生かして、お料理ができないか、と、勝手に作ってみたのが、以下の3品です。
遊びで作ってみたのですが、うまくできたので、社長の松本さんに送ったところ、カネロク松本園のFBに紹介してくださり、読者の方から作り方のお問い合わせも頂きました。普段は野菜中心のレシピしか載せていない私のブログですが、今日はいつもより、華やかにごちそうレシピをご紹介しますね。燻製紅茶を使う場合は、調味料はシンプルに。ほのかな燻製の風味を引き立ててあげるのがコツだと思います。。。。

■豆腐スモーク風みそ漬け

1110203

豆腐の味噌漬けに「燻製紅茶」を忍ばせました。
漬けるのに1~2日かかりますが、作り方はとても簡単。「え?これ何?」と驚きのオードブルになります。

《材料》
木綿豆腐 1/2丁(200g)
白みそ(西京みそ)  カップ1/3
「燻製紅茶」のティーバッグ1袋

《作り方》

1.木綿豆腐はキッチンペーパーに包んで重しをして、2/3くらいのカサになるくらいにしっかり水切りをする。
2.燻製紅茶のティーバッグ一袋に50ccの熱湯を注ぎ、15分ほど浸して、濃縮液を作っておく。
3.小さいボウルに味噌と2.を入れて、よく混ぜてクリーム状にしておく。
4.豆腐をガーゼかキッチンペーパーで包み、3.を表面にまんべんなく塗り、タッパーに入れて冷蔵庫で寝かせる。
(一晩以上寝かせてください。)
5.ガーゼをはずして、味噌をふき取り、カットしてお召し上がりください。写真のようにカナッペにしてもおしゃれ。

■ホタテのマリネ燻製紅茶ジュレ添え

1110161

刺身用のホタテのマリネに、燻製紅茶のジェレをドレッシング代わりにあしらいました。
赤粒コショウは必須!見た目も風味も格段におしゃれになります。


《材料》

ホタテ貝柱 (生食用) 5~6個
*マリネ液
 オリーブ油  大さじ  2
 レモン汁   大さじ  1
 さとう     小さじ  1
 塩       小さじ 1/3
 コショウ    適量

*紅茶ジェレ
 燻製紅茶 1袋で煮出した 60ccの紅茶液
 うすくちしょうゆ   小さじ 1
 みりん 小さじ 1
 塩 コショウ 適宜
 板ゼラチン  1.5g

赤粒コショウ  10粒
ネギ または ディル  お好みで
 
《作り方》
1.ホタテ貝柱は大きければ、厚みを二等分にして、マリネ液に1-2時間漬け込む。
2.ジュレを作る。小鍋にゼラチン以外の材料を入れ煮立ったら、水で戻して柔らかくした板ゼラチンを入れてよく溶かす。皿などに流しいれ冷蔵庫で1~2時間冷やす。
3.1.を皿に並べ、固まった2.もスプーンですくってホタテにのせ、青ネギの小口切りや赤粒コショウで飾る。


■燻製紅茶豚

1110162

鍋に豚肉と燻製紅茶をポンと入れて、ひたすら煮るだけ。
煮た後で調味液に漬け込んだら、出来上がりです。

《材料》
豚ローズ肉かたまり  500g
燻製紅茶 ティーバッグ  1袋
※漬け汁
しょうゆ    大さじ 4
バルサミコ酢 大さじ 4
酒     大さじ  2
燻製紅茶  ティーバッグ  1袋
水   大さじ3
塩 コショウ   少々

《作り方》
1.鍋に肉を入れ、かぶる程度の水を加えて火にかけ、沸騰したら弱火にして、1時間ほど煮る。
 ふたはずらしてのせ、アクをときどき取る。水が減ってきたら足し、肉が十分に柔らかくなるまで煮る。(圧力鍋を使うと手軽)
2.漬け汁の材料は小鍋でひと煮たちさせる。
3.ポリ袋などで、2.に1.の肉を漬け込む。時々上下を返す。あら熱が取れたらティーバッグは取り出す。
4.2時間ほど漬け込めば食べごろに。切り分けてサラダと一緒に皿に盛る。漬け汁もソースとして好みでかけて頂く。


■使用したお茶は「カネロク松本園」の「燻製紅茶」です。
通販もありますので、検索してくださいね。

Product_03




ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります

久しぶりにナナのまっすぐな瞳です。

1090828


本日は朝から冷たい雨。散歩に行けずに不満げなナナを残して、私は
昔の仕事仲間3人と、ユーカリが丘のオーガニックカフェ「EDEN」でランチをしてきました。

高い志のオーナーのもと、マクロビやローベジにインスパイアされた料理がリーズナブルなお値段で提供されていて、しかも美味!ランチ営業のみで週末は「寺子屋」的なイベントをしている様子。このカフェは地域のママさんを支援する活動もされているので、独特の家庭的な雰囲気は、都会のオーガニックレストランをイメージされていると、違和感を覚える方もいるかもしれない。でもスタッフのお子さんたちがすぐ隣でにぎやかに遊んでいる雰囲気は、私は好きだな。

居心地がよさそうだからと、会合の場所に選んで大正解!

私以外の3人は現在の職場や住まいがユーカリが丘駅近隣、でもお互いは全くの初対面。
私が仲介役となって、3人を引き合わせたの。現在は仕事も環境も全く違う4人だけど、瞬く間に旧知の友人のように打ち解けて、3時間及ぶビッグランチとなりました。
よっぽど気が合ったのね、と言われるかもしれないけれど、それだけではなくて、
私たちは、30年前、C/Aとしてキャリアをスタートさせた、という共通のバックグラウンドがあり、
私たち4人でしか共感できない思い出があるのです。

5年ほどで寿退社した人もいれば管理職までキャリアを積み上げた人もいる。そして今は、4人とも航空業界とは全く違うステージに身を置いている。今日再認識したことは、「私たちは接客(コミュニケーション)のプロである」ということ。そしてその根っこをあの会社で叩き込まれたのだ、というプライド。

いわゆる「アラ還」という世代の私たち。今日のメンバーの中で来年区切りの60歳を最初に迎える私は、この一年をどうやって過ごしていこうか。冗談を言っては笑ってばかりの3時間だったけど、帰宅してしみじみと、60歳以降の私自身について、ちょっと真面目に考えていかないとな、とつぶらな瞳のナナと遊びながら、思った次第です。


IMG_20170321_213145






グルテンフリーの抹茶スノーボール

P1110159 - コピー

バターや卵も不使用なのですよ。

いつも小麦粉やアーモンドプードルを使っているのだけれど、今回は抹茶だから、なんとなく米粉を使おうと思い立った。だったらいっそううんとヘルシーにして、バターも使わない。油分は「グレープシードオイル」にした。これは、ワインのブドウの種を絞ったオイルで、うちの近所のスーパーでも売っている。クセのない風味。ビタミンEの含有量はオリーブオイルの4倍だって。

そして抹茶は、静岡県島田市の「Matcha Organic Japan 株式会社」のもの。
幕張メッセのFOODEX2017に出店されていたのがきっかけで、個人的に応援しているの。
まさに「作り手の顔が見える」お茶です。

役者は揃った。材料を混ぜて、くるくる丸めて、トレイに並べて、楽しー。

P1110143 - コピー

ええぞ、ええぞ。低温のオーブンでじっくり焼くと・・・・・・

P1110144 - コピー

ひび割れてるのも、ご愛敬。
粉糖でカムフラージュすればよし。

もっとおしゃれにするのなら、ホワイトチョコと少しのゴマで、ほれ、この通り!

P1110158 - コピー

ホワイトデー仕様にして、ムッシュと食べました。「うまい!商品化できるんじゃ?」
こんなにひび割れじゃ、ダメでしょう。それに自分で作るから楽しいの。

抹茶の味と香りが生きてます!!
ほろほろサクサク、メレンゲのような、「ちんすこう」のような食感がくせになります。

まだ試作段階のため、レシピ掲載できず、すみません。


ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります


テリッテリの豆腐テリヤキ

DSC01977

昨日の鍋の残り物が、お弁当おかずにリメイク!

お鍋をした後、なぜかよく余るのが、豆腐と白ネギ。嫌いなわけではなく、むしろその逆で、ついたくさん用意いしすぎて、結局余らせてしまうんですよね。
冷蔵庫で一晩放置されたお豆腐(カット済み)は程よく水切りされているでしょ。片栗粉をはたいて、焼きのりの片面を少し湿らせて貼り付け、炒めものより少し多めの油で両面をうっすらきつね色に焼いたら、キッチンペーパーで油をきる。油をふいたフライパンにみりん、酒、しょうゆを煮立てて、豆腐を戻しいれて絡めたら、出来上がり。

もめん豆腐1/3丁 マッチ箱大にカットしたもの。
               ※「マッチ箱」ってわかります?
片栗粉 小さじ 1
みりん 大さじ 2
さとう  小さじ 1
酒   大さじ 1
しょうゆ 大さじ 2~3
のり 適量

予想以上に照り照りにできたので、うれしくて撮影してしまいました。
実は休日の今日は、2度寝をしてしまい、午前をまるまる無駄にしてしまって、自己嫌悪に陥っていたのです。
でも豆腐のリメイクがうまくできて、気分は急上昇。単純なものです。

寒さが少し緩んで幸せ。よい「照り」ができて幸せ。

先週、映画「この世界の片隅に」を観たせいか、日常の当たり前の幸せが本当に大事だとつくづく思う今日この頃。いやあ、観た人いろんな人から強く勧めらて、やっと先日見たけれど、確かに、人に語りたくなる映画でした。
まだ上映館あると思う。ぜひご覧になってください。


ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります

白ネギの青いところで「ネギトースト」

1090895


インフルと闘う?「ウェリッシュレアビット」

昨年末、NHK「免疫力を高めてインフルエンザ予防!」ということで、「ネギの青い部分のぬるぬる成分」が特に免疫力を高めると紹介されていましたね。
その番組の中で、ウェールズの「レアビット」が青ネギをたっぷり使うレシピとして取り上げられいて、私、釘付けになりました。

関西のお好み焼きの一種「ネギ焼き」と、スイスのとろりチーズパン「ラクレット」を足して二で割ったような、私の好みど真ん中の形状!
その昔、関東圏に引っ越してきたころは、白くて太いネギに少し戸惑いつつ、都会の空気に染まったアタシはいつしか青いところは、ほとんど捨てていました。ごめんなさい、ちゃんと活用できたのですね。まあでも、今回は、「青い部分もおいしいですよ」とパッケージにやさしく書いてある、長崎産の白ネギを使いましたけれど。

image

長崎産白ネギの青い部分。これくらい。

image

材料はシンプルです。

image

バターを溶かして小麦粉を炒め、ビール入り牛乳を加えてホワイトソースを作って

image

そこにチーズを入れて

image

あらかじめさっと炒めて塩コショウしたネギ入れて

image

お好みのパンにたっぷりのせて

image

オーブントースターでこんがり焼いたら出来上がり!


インフルエンザの流行のピークは過ぎたようですが、春になるとまたいろいろ感染症が流行します。
ネギの青いところで、病気に負けないカラダを作りましょう!!

正式名称、「ウェリッシュ・レアビット」と呼ぶそうです。ガッテンで紹介するまで知りませんでした。
ウェールズの歴史に詳しいムッシュも「ネギ入ってたかなー」と言ってたので、いろいろな種類があるようです。
でも、これ、めちゃくちゃビールに合いますね。ウェールズのビールがあれば最高なのだけど、本日はネギスビール、違うギネスビールとともに楽しませて頂きました。

《材料》
厚さ1センチの全粒粉バケット 5-6枚分
バター 15g
小麦粉  大さじ 1
ビール 50cc + 牛乳 50cc
(混ぜておく。どちらかを100ccでもよい)
からし 小さじ1/4
チェダーチーズなど溶けるチーズ  100g
ネギの青い部分 1本分お好みでもっと。
塩 こしょう


  よろしければ、クリックお願いします。

宮崎屋「養肝漬」と伊賀越「ひの菜漬」

image

三重県伊賀地方の人しか知らない、かもしれない。

私には最強の「ご飯の友」(時にはお茶うけ)です。
伊賀越株式会社は三重の食品メーカーで味噌やしょうゆが有名なのですが、お漬物もおいしいんです。
特にこのひのな漬は子供の頃からの好物で、小さく切って少ししょうゆをかけてゴマを振っていただきます。ひの菜は、蕪の一種で、関東ではほとんど見かけません。滋賀県発祥の野菜らしくて、地理的に近い伊賀地方でもポピュラーです。母はよく塩漬けにしてくれたものです。その懐かしい味とほぼ同じなのが、このメーカーのひの菜漬けなのです。日本酒にも合うし、もちろんご飯も進みます。つんとしたわさびみたいな味がして、なつかしくておいしくてお箸がとまらない。

そして右側のが宮崎屋の「養肝漬」。熟成された濃い目のお味なので、お茶漬けにぴったりです。
この一切れでお茶漬け一杯はいけます。以前、国文太一さんが、テレビでおいしそうに養肝漬のお茶漬けを食べているのを見て、それだけで「ええなあ。国文太一。娘の婿になってくれへんかなあ」と真剣に思ってしまった単純な私。
そう言えば昔、「お茶漬けがビジュアル的に受け入れられない。」と言っていた友達(男)がいたな。「この世にお茶漬けを嫌いな人がいる。」って、当時結構なショックでした。確かええとこのぼんぼんだったから、庶民の食べ物は苦手だったのかも。生まれ育った環境が「食」の好みに反映されますね。

上記お漬物は、東京だと、日本橋の三重のアンテナショップ「三重テラス」で購入可能。

※本当は「伊賀に行かないと食べられない」方が、価値が高まるかもしれない。ノスタルジーや先入観なしに食べてみた人の感想を聞いてみたい。ちなみに、伊賀にはもう一つ「かたやきせんべい」というすごい個性的なお菓子もあります。


  よろしければ、クリックお願いします。

ウェールズの伝統的なお菓子・バラブリス

image

バター未使用。ドライフルーツたっぷり!

アフタヌーンティーに行くと、スコーンやサンドイッチといっしょに並んでいることもあります。でもまだまだマイナーな存在ですね。「バラプリス」という美しい響きのお菓子。ウェールズ語で「斑点のある(まだら模様の)のパン」という意味らしく、ちょっとかわいそうなネーミングのような気もします。とてもおいしいティーケーキなのに。

ウェールズは英国を構成する4つの「国」のひとつです。
イングランド、スコットランド、北アイルランド、そしてウェールズね。
でもウェールズはダントツに知名度が低いなー。

ウェールズへは、ロンドンから鉄道で西へ2時間ほどで行けます。
息をのむ絶景が広がっている・・・・・らしい。
「天空の城ラピュタ」の舞台になったお城もあるとか。
他にも世界遺産がザクザクあって、調べるほどに訪れたい国ダントツNO1になっちゃいました。
ウェールズ出身の有名人といえば、作家のCWニコルさん。
それから、映画の中の人物だけど私の大好きな映画「ノッティング・ヒルの恋人」で、ヒューグラントの演じる主人公の同居人スパイクも、ウェールズ人という設定だったなあ。変人だけど、すごくいいやつ。

このバラブリスはそんなウェールズの国民的なお菓子です。
実はウェールズが気になって、ウェールズ政府日本代表のHPを見ていたら、「バラブリスの世界大会」の記事を発見したのが、今回自分でこのお菓子を作るきっかけになりました。
(イーストを使ってパンみたいに焼く方法と、ベーキングパウダーを使うパウンドケーキ風の2種類があるけれど、私はお手軽なベーキングパウダーのほうです。)

たっぷりのドライフルーツを一晩紅茶に漬けこんでぷくぷくにして、パウンドケーキみたいに焼きます。

image

こういう感じに焼き上がります。


image

パカーンとカットするとかんな感じ。ブドウパンみたいでしょ。

バターは入れない。だからスパイスや紅茶の風味が引き立つ素朴な味わいが魅力です。
でも食べるときはちょっとだけバターを塗ってみてくださいね。ミルクティーに合いますよ。

◆レシピ覚え

アールグレイのティーバッグ 2つ
熱湯 150cc
てんさい糖 80g マーマレード 大さじ2
ドライフルーツミックス  120g
薄力粉   120g
ベーキングパウダー  小さじ1と1/2
シナモンパウダー  小さじ1/2
ジンジャーパウダー、クローブパウダー 合わせて小さじ1/2
卵  1個

1.ボウルに分量の熱湯で紅茶を濃く淹れ、ティーバッグを取り出したら、砂糖とマーマレードを入れてよく溶かす。
2.1.にドライフルーツを加え、ふたをして一晩置く。
3.オーブンを170℃に温める。パウンド型にクッキングシートを敷く。
4.大き目のボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、ミックススパイスをふるい入れ、そこに、溶き卵と2.を加えてゴムベラでよく混ぜる。
5.型に流しいれ、オーブンで30分焼く。オーブンから出したら、10分ほど休ませて型から抜く。カットしていただく。



ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります





ちょっとぜいたくなぜんざい。

image


和三盆を使ってます。

去年の秋に買って忘れていた和三盆。固まって「らくがん」状態になっていた。
ちょうど鏡開きでおぜんざいを作るから、甘みはぜいたくに和三盆を使ってみましょう。

小豆200gは、カップ1.5くらい。その4倍量の水で、2回、ゆでこぼします。
3回目はそのまま弱火でゆでること約1時間。(小豆の状態によってはもっと短くていいかも。)アクもしっかりとりましょう。指でつぶれる柔らかさになったら、和三盆どどんと130g投入。塩ひとつまみもね。さらに15分ほど煮たら出来上がり。
しっかり焼き色をつけたお餅の香ばしさに合いますなあ。
おせちに入れようと思って買ったけど結局使わなかった栗の甘露煮も入れて、っと。
ぜいたくなおぜんざいの完成です!

んー。美味しい!

ムッシュが60歳になった頃から、娘の提案で「餅は一人では食べない。」と言う決まりができた。生来おっちょこちょいで、食べ物にいやしい私達。危機回避のためです。

毎年年末年始になると、「お餅を詰まらせて救急搬送」というニュースを聞く。そして、だいたい患者は高齢者だ。おっちょこちょいだからではなく、嚥下機能の低下、ですね。

つまり私もムッシュもそろそろリスキーな世代だってことです。


  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。

おせちできた。

image


だいたい毎年おんなじものを作っています。
黒豆を戻したり、数の子の塩抜きは、3日前から開始しているから、手間とコストを考えると出来合いを買う方がお得かもしれない。
でもやめられないんですよね。新年を迎える儀式みたいなものだから。でも「伝統の継承」と言っても、結構オリジナルもあるのよ。

今年初登場のクリームチーズロール。干し柿を芯にして生ハムを使ってみたら、大正解。来年からの定番メニューになりそう。きんとんは、オレンジジュースとドライフルーツを使うのよ。

image


そして、お雑煮。
三重の私の実家の白味噌仕立てを元旦に、ムッシュの実家の東京風は2日に作ってます。
夫婦の力関係が表れてますね。

image


娘と3人でおせち完食。
お腹いっぱいで動けなくなっちゃった。

初詣は午後になりそう。
今年も良いお正月です。


  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。

おせち作ってます。

image


お正月にしか作らない花型ニンジン

これさえあれば、いつものお料理だって一気にお正月バージョンになりますよね。

image


これもレアよね。手綱こんにゃく。
お煮しめにいれます。
手綱をしめて心を引き締めることを意味してるそうな。居間でくつろいでいた娘に無理矢理作ってみせた。なになに、手綱こんにゃくにもう一つ由来があった。結び目が「良縁」に通じるってか。しっかり、おせちを作れるように、気を引き締めて、娘を鍛えようかな。

お花畑風ポテサラケーキ


image


食卓が、ぱっと華やぐサラダです。

イブにケーキを食べ過ぎたので、翌日のクリスマスディナーは野菜のケーキにしました。FBで友人に紹介したところ、大反響だったので、ブログでも自慢しちゃお。

家庭で簡単に作れます。

土台はマッシュポテト。市販のポテトサラダでもかまいません。リング状に成形して(ケーキみたいな固まりだとポテトが多すぎるの)、真ん中の輪っかの部分に、ゆでて適当に切ったブロッコリーやベビーコーンを入れ、カラートマトやニンジンで表面を飾ります。お正月に使う梅の花型でくり抜いたニンジンにベビーコーンの輪切りをマヨネーズでくっつけてみて。かわいいでしょう?
あとはカラートマトと一緒にバランス良く並べるだけ。

娘が帰って来たから、好物のチキンのパプリカ煮と一緒にこのサラダケーキを出したら、大喜び。「こういう料理をさらっと作れる人になりたい。」と、ぼそっとつぶやいていた。
おっ。いいぞいいぞ。
やる気になってきたかな。

〈材料〉
★マッシュポテト
ジャガイモ 3個 
スープストック
(キューブとかでお湯でとくやつ) 70cc
レモン汁  小サジ2
マヨネーズ 大さじ1
塩 コショウ 適宜

ジャガイモを柔らかくゆでてつぶし、他の材料を加えて、なめらかにまぜる。

★サラダ 
ブロッコリー  1/2 個 
ベビーコーン  4-5  本 
ニンジン     5 センチ
ミニトマト(カラー)5-6個

①ブロッコリー、ベビーコーンは塩少々入れて沸騰させた湯で色よくゆでて、ザルにあけ、ベビーコーンひとつを飾り用に取っておき、残りは食べやすく切る。
②ニンジンは花型に抜いて、5ミリほどにスライス。①に加えてさっとゆがく。
③取っておいたベビーコーンを薄切りにする。ニンジンにマヨネーズを少し塗って花型ニンジンに貼り付ける。
④皿にマッシュポテトを直径15センチのリング型に手でととのえ、野菜を飾り付ける。

今日は、ナッツ入りのフレンチドレッシングにしたけど、バジルドレッシングが合うと思う。

ちなみに、ゆでたブロッコリーやベビーコーン、ニンジンの型抜きの残りは、ポリ袋に入れて保存しておきましょう。
私は翌日、「サッポロ一番みそラーメン」の具にしました。こちらもいけます。



  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。

お母ちゃんの、のっぺい汁

image

母は「のっぺさん」と呼んでいた。

実家の母の作る「のっぺさん」は、間違いなく「おふくろの味」だ。子供のころは母のオリジナルだと思っていたけれど、新潟の郷土料理「のっぺい汁」とほぼ材料が変わらない。ただし、片栗粉でとろみをつけない。だし汁を使わず、小さくカットした昆布を具にしてその出しを活用している。さらに、ここが大きな違いなのだが、我が家のは、「汁物」ではなく、「煮物」になる。ちょうど「おでん」の具をうんと小さくして頂くような感じ。母の誕生日、久しぶりに作ってみた。ちなみに私の実家は三重県で新潟と縁はありません。

母の作る薄味ののっぺさん。特に夏の暑い日に、冷たい茶粥に前の日の残りののっぺさんをかけて、ずずずっとかきこむのが、私のもっとも好きな食べ方だった。材料から推測するに多分秋から冬にかけての料理のはずだが、母は季節を問わずよく作ってくれた。

ムッシュを初めて家に連れて行った日も、母はのっぺさんを作ってくれた。ムッシュが「おいしいですね。これ。」と言っちゃったもんだから、数ヵ月後、巨大なガラスのジャーにのっぺさんを入れて、三重から持ってきたこともあった。新幹線に持ち込んだのね。重かったろうに。

びっくりするほど体力があって、いつも前向きな母は、事あるごとに私に言っていた。
「あんたは、本気だすとすごいんやから。できないことはないんやから。」
おかげで意味もなく自信家に育ってしまったけれど、この強気な性格のおかげで、得したことは多かったなあ。いま思うと、私にずっと暗示をかけていてくれたんだな。

娘が生まれてから、母のポジティブな考え方を象徴するエピソードがあった。
娘が小学校低学年のころ、学校に持って行ったお金を失くして帰ってきたことがあった。
「まったく、どんくさいと思わへん?」とぶつぶつ電話で愚痴を言う私に、母は、
「せやかて、よかったやん。」
「盗られるほうの親でよかったやん。盗ったほうの親やったら、それはつらいで。」
・・・予想外の返答に、私は言葉が出なかった。

私の父は私が7歳の時に亡くなっている。だから母はいわゆるシングルマザーで、父が残した薬屋をやりながら、私と、7歳上の姉を育てた。
そんな母の口癖は「ちょっと早かっただけや・・・」
つまり、「お父ちゃんが死んだのはちょっと早かっただけ。ほら、○○さんとこのご主人も亡くなりはった」
と、知り合いのお葬式があるたびにつぶやいていた。
母のダークサイドだけれど、こうでも言わないと、やっていけなかったんだと、今はわかる。

ちなみに母は、あまり料理は得意ではなく、夕ご飯の献立を考えるのは、本当に苦しそうだったなあ。私も姉も、好き嫌いなく何でも食べる子供だったけれど、一生懸命作っている母の料理を、きちんと言葉でほめてあげることはあまりなかった気がする。自分が料理の作り手となって、ムッシュや娘の「おいしい」の一言が、ものすごいモチベーションになることに気づいて反省したけど、もう遅い。

母は今年、父が亡くなってから、ぴったり50年後に父のところに行ってしまった。

のっぺさんを作るたびに私は母を思い出すだろう。お母ちゃん、ありがとう。50年間 がんばったね。お父ちゃんによろしくね







カスタマイズ玄米茶

image


さあ、お茶しましょ!

我が家は、一日に何回もお茶を飲む。なんだかんだ理由をつけては、すぐ一服する。
日本茶が一番多いけど、コーヒー(お茶じゃないけど)や紅茶も、お菓子と一緒にキッチンのテーブルに並ぶ。

この間、同僚が「うちは日本茶を飲む習慣がないから急須もないのよ。」と話していて、周囲も「ペットボトルのお茶おいしいもんねー」と同調していた。内心びっくりしたけれど、そうか。今はそうなんだ、と実感した次第。
そう言えば、炊飯器が家にない友達もいる。「おかず作ってもお酒と一緒に食べる」から、ご飯はいらないそうだ。それもありよね。ライフスタイルですからね。

それにしてもムッシュは、お茶とご飯が大好きな人でよかった、と思う。だいたいみんなそうだと思うけど、「勢い」で結婚するから、相方の細かい嗜好とか、チェックしないもん。でも末長く暮らしていくためには、案外こういう細かい事が、ポイントになったりする。

我が家では、娘が小さい頃から、「ゆんたく(沖縄の言葉でおしゃべりのこと)しよう」の合言葉でお茶タイム。大事なコミュニケーションの時間になっている。

ちょうど若い頃の貧乏エピソードの話になって、ムッシュの友達のセンダ君が、あまりの空腹に、「玄米茶の玄米のところをポリポリ食べた」という話になった。

そうだ。玄米茶。しばらく飲んでないな。

それでいつも取り寄せをしている松阪茶の通販サイトで調べたところ、玄米茶の「玄米」だけが売られていたのを発見。へー。こんなのがあるんだー、と即購入。

image


いつものお茶が香ばしい玄米茶になります。私は、三番煎じの時に一人分小さじ1杯目安で追加して、熱湯を注いでいます。
お値段もお安く、センダ君じゃないけど、そのままポリポリ食べても結構いける。

image


いろんなお茶屋さんで売ってますので、お試し下さい。
ちなみに私が購入したのは、ここ。
茶来まつさか 





キヌアを詰めたアボカドグラタン

image


テレビでローラが作ってたのよ。偶然、全部材料がおうちにあったので、ブランチに作ってみた。

二つ割りしたアボカドの穴に、醤油とオリーブ油で味付けたキヌアを詰めて、溶けるチーズを振り、コショウを振って、オーブントースターで10分焼いたら出来上がり!

アボカド1個
キヌア ゆでたもの 大さじ2杯
醤油 大さじ1杯
オリーブ油 大さじ1杯
コショウ
溶けるチーズ 適量

温かいアボカドにキヌアを混ぜながら、頂きます。オリーブ油と醤油の風味が絶妙です。

キヌアは、今みたいにブームになる前から好きだった。昔アルバイトをしていたマクロビオティックのデリカフェでは、定番の食材だったのよ。最近はどのスーパーでも気軽に買えて嬉しいな。
我が家では、キヌアはカップ半分くらいの量をたっぷりのお湯で15分くらい茹でて、ざるにあけて、大さじ2杯ずつラップにくるんで冷凍しています。カボチャサラダとか、スープとか、プチプチ感が欲しい時に、解凍して使っています。

テレビでローラさんが、めっさおしゃれに作っていたけど、本当に簡単。キヌアをアボカドに詰めるなんて、目からウロコでした。

ところで、後日談。

キヌアで昔のアルバイト先のカフェを思い出して、15年振りにランチを食べに訪ねてみた。
お店は移転して、スタッフも客層もすっかり変わっていた。
キッチンでシェフらしいひとがずーとスタッフに小言を言っている様子が、ホールから丸見えだった。なぜか箱をたくさん抱えて納品業者がランチタイムさなかに入ってきて、私の足下に荷物を落とした…。

時間とともに「進化」するのが、ヒトの営みだと思っていたが、必ずしもそうではないのだな。
私もこの頃退化していないか。
「老化」と言い訳して怠けていないか。
そんなことを考えた。

ごちそうさまでした。


  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。



プルーンのピンチョス

image


突然ですが、プルーンはお好きですか?


先日、お料理ブログポータル「レシピブログ」のイベントで、「カリフォルニアプルーンとワインを楽しむ大人の女子会」に参加してきました。

「レシピブログ」に登録していると、時々こういうイベントのお誘いがあります。新商品や食材のプロモーションの一環といえばいいかしら。イベントに参加することで、ブロガー同士のネットワークができるし、料理に関する新しい情報が得られるし、ついでに商品サンプルなんかもいただけるし、とても刺激的でお得なのです。

今回は「カリフォルニアプルーン協会」の方から、プルーンの効能について熱いプレゼンを受けました。

いわく、プルーンの抗酸化パワー(つまりアンチエイジング)、食物繊維パワー(つまり腸内環境改善)、骨の健康維持パワー(骨粗しょう症予防)などなど。その他心血管の健康促進やらがんの予防やら美容健康効果までも。すごいぞ、プルーン。まさにスーパーフードやんか。

もう一刻も早くプルーンを食べたい!って気分になったところで、カリスマブロガーの岸田夕子さんのデモと試食。
ワインもふるまわれて、すっかりいい気分!

今まで私は、「なんかプルーンって体に良さそう」と、と半ば「理性」でおいしいと思って食べていた。でも、岸田さん考案の「プルーンのピンチョス」を食べて、意識変わりました。

で、タカナシ乳業さんからクリームチーズをいただいたことだし、さっそく本日、「プルーンのピンチョス」を作って、ムッシュにも食べてもらいました。もちろんムッシュも「なんだこりゃ!」とびっくりしたわさ。「すごい手の込んだもん、作ったなー」と言ってたけど、作り方はいたってシンプル。本当にワインに合います。年末にかけて鍋パーティーをするとき、ちょっとこういうオードブルと用意すると、「やるな」と思われること、間違いなし。
お試しあれ。

《材料》
※10個分

カリフォルニアプルーン  10個
クリームチーズ     200g
粗びきブラックペッパー   小さじ2(私は大さじ1以上入れた)
生ハム     10枚
グリーンオリーブ   10個  (私はブラックを使った)

《作り方》

1.クリームチーズにブラックペッパーを加えて混ぜ合わせる。
2.ラップに1.を20gのせ、カリフォルニアプルーン1個を包み込む。
image

3.2.を生ハムにのせボール状に包み、ラップをかけて冷蔵庫で30分ほど休ませる。
4.冷たいうちに半分に切り、1片にオリーブをのせピンでとめる。


ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります

ビーツの赤い、きれいなスープ

image


風邪をひいた。
せっかくの休暇が、台無し。
人生で発熱したのは、はしかとインフルエンザくらいしかないのに、今回はフツーの風邪で38℃も出てしまい、慣れてないもんで二日間寝込みました。

さらに、

治った、とはしゃいで、中華料理店で食べ過ぎて、またグロッキー。

みなさま、乱高下する昨今の陽気には、十分ご注意ください。

油断大敵。身にしみました。

全然関係ないけど、風邪ひく前に作ったスープ、アップしますね。芸術の秋にふさわしく、アートな一皿でしょ?

材料はこれだけ。
image


先日下ごしらえしたビーツの半分で作りました。赤タマネギとジャガイモで。肉なしのボルシチってとこですね。

image



味付けは塩コショウで。炒めて、水と赤ワインとブーケガルニを入れて、15分ほどで出来上がり。仕上げにレモン汁を少々ふると、きれいなルビー色になりますよ。




ビーツの下ごしらえ

image


驚異のスーパーフード? ビーツ登場!


見つけました!生のビーツ!
去年は広尾のナショナルマーケットで買ったけど、今年は新浦安の「サワミツ」。先日のルパーブに続いて、やるじゃん、サワミツ青果さん。

ただし葉っぱや茎は見当たらず。土付きでしばらく保存されていたものらしい。
image


生でスライスしてサラダで食べる人もいるけれど、私は絶対に下ごしらえしたほうが好き。

栄養分が流れ出さないように、皮付きのまま、アルミホイルでくるんで、オーブンで1時間くらいローストするのが、多分定番だと思う。

でも、今年は多少栄養分を失っても、手軽に下処理をします。
皮をむいて、大きくカットして、圧力鍋で加圧15分+放置10分。普通に茹でると40~50分かかると思う。

↓これは、生のビーツ。皮向いてカットしているところ。

image


すっと、クシが通るまで柔らかく茹でましょう。色が落ちないように、酢少々を加える。
確かにこのゆで汁に流れでた赤い色には栄養分も含まれてるんだろうなあ。
でもカットして茹でるだけだから、お手軽よー。
image


下ごしらえしたら、あとはゆで汁ごとタッパーに入れて、冷蔵庫に。3日くらいで食べ切ってください。
マリネよし。ピューレにしてディップの色づけにするのもおしゃれ。 

初めてビーツを食べたのは多分大人になってから、機内食のサラダだったかなあ。ボルシチだったかなあ。
とにかく、欧米の野菜のイメージが強いけど、このいかにも体によさそうな赤い色!すんごいパワーフードらしいですよ。



  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。
ギャラリー
  • お弁当ダイエット(タイカレー)
  • グリーンティービール(生茶葉からの)
  • グリーンティービール(生茶葉からの)
  • グリーンティービール(生茶葉からの)
  • グリーンティービール(生茶葉からの)
  • グリーンティービール(生茶葉からの)
  • グリーンティービール(生茶葉からの)
  • グリーンティービール(生茶葉からの)
  • グリーンティービール(生茶葉からの)
livedoor プロフィール