元同僚のまるちゃんちには「釜」がある。ピザが焼ける本格的な石窯。


今日は、「みんなでピザ焼こう!」と集合がかかり、都内某所に出かけていったわけです。でもあいにくの雨で、釜に火入れができず、急遽室内でカレー鍋パーティとなりました。



これは、ひよこ豆のペースト「フムス」。左後方はクスクスサラダ。鍋パーティの場合はこういう「突き出し」的なものは結構重要です。これでつないで、真打ちの鍋の登場ね。

メンバーにベジタリアンがいるので、本日は、動物性食品ゼロのメニューなの。
メインのカレー鍋は、グリーンカレー風で、みんなで、試行錯誤で作りました。市販のペーストを使わず、ニンニクやタマネギも使わない。

みんなで味見して、「酒粕いれる?」「味噌も合うかも」とチャレンジングな展開に。こういうのは面白い。ここに男性がいると「えーー」とか言う人もいるだろうけど、案外女性のほうが革新的なのかも。それに「作り手」の立場が理解できるから、寛容なのよね。

結果、味噌も酒粕もココナッツミルクと相性抜群で、素晴らしく美味しかったけど、あまりに実験的過ぎて、再現できない。それにしても、カレーって、懐が深いわあ。なんでも受け入れてくれる。
本日メインのグリーンカレー鍋は写真を撮りそびれたけど、後日完成度を高めてアップします。

そうそう、今日はインド帰りの人がチャパティを焼いてマサラティーも振舞ってくれた。
平日の集まりだから、造形作家やアーティスト系の人もいて、とても楽しかった。私よりも、うんと若い彼女たちは、自然体で自分の未来を切り開いている。

かく言う私も「アーティスト」だよ。料理を作るひとはみんな造形作家だよ。献立を考える作業は、まさにイマジネーションとクリエイティビティの世界だもんね〜。どれ、帰ったら、ムッシュに何を作ってあげようかなあ。


ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ&楽しい」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります