image

三重県伊賀地方の人しか知らない、かもしれない。

私には最強の「ご飯の友」(時にはお茶うけ)です。
伊賀越株式会社は三重の食品メーカーで味噌やしょうゆが有名なのですが、お漬物もおいしいんです。
特にこのひのな漬は子供の頃からの好物で、小さく切って少ししょうゆをかけてゴマを振っていただきます。ひの菜は、蕪の一種で、関東ではほとんど見かけません。滋賀県発祥の野菜らしくて、地理的に近い伊賀地方でもポピュラーです。母はよく塩漬けにしてくれたものです。その懐かしい味とほぼ同じなのが、このメーカーのひの菜漬けなのです。日本酒にも合うし、もちろんご飯も進みます。つんとしたわさびみたいな味がして、なつかしくておいしくてお箸がとまらない。

そして右側のが宮崎屋の「養肝漬」。熟成された濃い目のお味なので、お茶漬けにぴったりです。
この一切れでお茶漬け一杯はいけます。以前、国文太一さんが、テレビでおいしそうに養肝漬のお茶漬けを食べているのを見て、それだけで「ええなあ。国文太一。娘の婿になってくれへんかなあ」と真剣に思ってしまった単純な私。
そう言えば昔、「お茶漬けがビジュアル的に受け入れられない。」と言っていた友達(男)がいたな。「この世にお茶漬けを嫌いな人がいる。」って、当時結構なショックでした。確かええとこのぼんぼんだったから、庶民の食べ物は苦手だったのかも。生まれ育った環境が「食」の好みに反映されますね。

上記お漬物は、東京だと、日本橋の三重のアンテナショップ「三重テラス」で購入可能。

※本当は「伊賀に行かないと食べられない」方が、価値が高まるかもしれない。ノスタルジーや先入観なしに食べてみた人の感想を聞いてみたい。ちなみに、伊賀にはもう一つ「かたやきせんべい」というすごい個性的なお菓子もあります。


  よろしければ、クリックお願いします。