[画像:be6b893d-s.jpg]
ケーキと言うよりソフトクッキー。

オーブン不要!手軽にフライパンで焼けます。スコーンとクッキーの中間みたいと言われますね。私は表面の食感はオールドファッションのドーナツを連想しました。ミックススパイスが入っていて、いかにもイギリス的なお茶受けです。
ロンドンでは、見かけた記憶はないのだけれど、カーディフとかウェールズの街角のパン屋さんでは、どどんと山積みで売っているらしい。※未確認情報

材料や生地の作り方はスコーンにそっくり。
[画像:a3df82b3-s.jpg]

型で抜いて、フライパンやホットプレートで焼きます。熱いうちに、グラニュー糖を降ります。このトッピングが、キラキラしていて、誘惑的で罪深い甘さなの。

[画像:4162fed5-s.jpg]

わお。イギリス人みたい。若い頃買ったミントンのティーカップで、ムッシュとお茶タイム。我が家にある唯一のブランドもんのカップ&ソーサーよ。

こうやって写真で切り取ると、まるで貴族のお茶会みたいだけど、千葉の賃貸マンションのダイニングキッチンですから。
このあとムッシュは7個もウェリッシュケーキを食べてしまった。「夕ご飯パス」と言ってお昼寝中。。。本日はダイエット休止ですな。

ちなみに、4月に南ウェールズを弾丸ひとり旅をしてきたムッシュに、ウェリッシュケーキのことを聞いたけど、「パン屋に立ち寄る時間もなかった」とのこと。 こりゃ私が行って、本当に山積みになっているか確かめるしかないかな。

そんなムッシュのウェールズ旅エッセイが下記サイトで好評連載中!第1回は、私が、めちゃかっこよく登場してます!

https://kaigo.news-postseven.com/tag/エッセイ「シニア特急」~初老の歴史家ウェールズを征く