マダム昌代の野菜で美レシピ

野菜を中心としたヘルシーメニューに、 愛犬ナナや映画やお笑いの話もね。 (旧ブログ「マダム昌代のおもにお野菜レシピ」から引っ越してきました。) http://madamemasayo.blog57.fc2.com/

2017年06月

ブルーベリーのフェイクパイ



卵、乳製品不使用のヘルシーパイ

さあ、今年も千葉産のブルーベリーが店頭に並びました。ちょっと前までは、ブルーベリーと言えばジャムか冷凍ものしかなかったけど、今は新鮮なブルーベリーが気楽に食べられる。ニッポンの栽培農家さん、ありがとう。

このブルーベリーのパイは、1990年代イギリスのマンチェスターの料理学校で、スタッフの1人が試作品として作っていたものを教えてもらい、日本の食材で再現してみたもの。
チーズパイみたいだけど、違います。卵も乳製品使っていませんし、コレステロールもないですよ。

主な材料は「豆腐」です。でも食べてすぐ材料を言い当てる人はほとんどいない。言われてみれば、後味に豆腐っぽい香りを少しだけ、感じます。

そのせいか、日本茶にもコーヒーにも合う。

さっき、ふらっと娘が帰ってきた。パイ焼いてたことを知らないはずなのに、なんという嗅覚!
もと茶道部の娘、「抹茶を飲みたくなった。」とカシャカと茶筅を回して、カフェオレカップに薄茶を作って、振る舞ってくれた。
合う合う。ブルーベリーパイと抹茶。

まあでも、茶道の先生が見たら卒倒しそうなお点前だけどね。



   よろしければクリックお願いします。
      励みになります。







梅干しと33年前の約束

image


今年は小ぶりな梅だけど。

なかなかの美人揃いとみた。
近所のスーパーで2キロ購入。丸一日追熟して、シフト休みの火曜日に朝からゆっくり塩漬けにしました。

結婚した年から、ずっと漬けているけれど、年に1回だけだから、毎年おっかなびっくりな感じ。経験が蓄積されていない、というか。
だから、毎年新鮮な気持ちで梅仕事をしています。

ムッシュ、夕方近くに帰宅。ちょっと遠出をして疲れたらしい。夕食後、
「もうジャージ着て良いかな?」と尋ねてきた。「もう8時だし。いいんじゃない?」と私。実は、私たち夫婦は結婚直後、「家で安易にジャージ(パジャマ)を着ない」と約束をして、ずっとそれを守っている。女性はワンピースやウェストゴムの普段着があるから、私はパジャマ以外でも楽ちんな格好はできるけど、ムッシュは大変。家での格好は基本ジーンズかチノパンだ。

休日のお父さんが一日ジャージで過ごすのは当たり前だけど、我が家の掟はそれを許さない。

ムッシュは自営業だから、決まった時間にスーツを着て会社に行く訳ではない。この掟があるおかげで、自分なりの「規律」を保っている。
私の逆鱗に触れるのがこわいからかもしれないけどね。

初めて梅干しを漬けた33年くらい前、上記「ジャージの掟」の前にもう一つ約束と言うか、お互いにお願いをしている。ムッシュから私に「太らないで欲しい」と至ってシンプルな要望が提示され、その流れで「ジャージの掟」と繋がっていったと記憶している。

私からムッシュには何をお願いしたかって?
いやあ、四半世紀前の私は可愛かった。

「死なないでね。」と言ったらしい。

小さい頃に父親を亡くしているので、ごく自然に口にしたのだが、ムッシュはいたく感激し、美談エピソードとして、あちこちに吹聴していた。

歯医者以外でほとんど病院に行ったことがない私の10倍は各科くまなく通院している現在のムッシュ。まあそれでも約束通り、生きてくれている。

娘も独立したいま、思う。

甘かった。

もっとハードルを上げておくべきだった。
「郊外に瀟洒なお家を買って、年に2回は海外旅行に連れてって。」とか。

意外にも真面目なムッシュのこと。目標達成のために頑張ってくれたかもしれない。

あはは。冗談冗談。

そんなこと言ったら、プレッシャーで早死していたよねー。

梅雨が明けたら、我が家の梅干しが出来る。
今年もお互い存命でいたことに感謝しつつ、梅干しご飯を食べようと思う。

梅(南高梅〉 ・・・1キロあたり
塩・・・・・・・・・・130クラム(13%)
焼酎・・・・・・・・50cc (5%)

砂糖・・・・・・・・・50クラム(5%

赤紫蘇  200g (梅の重さの20%)
塩     40g (紫蘇の葉の20%)



  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。

ルパーブジャムの酸っぱいフレンチトースト

image


ダイエット中なもんで。

いつものフレンチトーストに、以前、このブログで紹介した、ルパーブのジャムとドリップヨーグルトをトッピングしました。

見た目と違って、酸っぱいです。
マダムたまりかねて粉糖をかけてしまいました。

ルパーブは、イメージとしては、初夏が旬ですが、10月頃まで出回るようです。

昨年10月に新浦安の「さわみつ」で買ったルパーブで試作したジャムは娘に大好評で、今日同じ店でルパーブを見つけた時は、嬉しくて3束購入。
全部ジャムにしました。
作り方はこちら。

image


ルパーブは、すぐ柔らかくなるから、簡単にジャムができます。

ムッシュと娘と私の3人は、4月からダイエットを意識した食生活を送っている。実はルパーブジャムは、ダイエット生活の助っ人なんです。

もともと高血圧で体重を減らすように医者から指導を受けていたムッシュ。4月のウェールズ旅行を契機に、健康年齢を伸ばすことを強く意識し始めた。

そして、

娘のダイエットのきっかけは1枚の写真。今年の正月休み。浅草寺の初詣の帰り、参道でメロンパンを持ってご満悦の写真が、「どっちがメロンパンか?」と言うくらいパンパンだった。これはまずい、と思ったみたい。

私は、いつもダイエット、と言っていい。年齢的に代謝しないもん。普通に食べれば確実に太る。でも家族がいるから、1人分だけダイエット食にするのは、なかなか大変。意思も弱いしね。で、この数年はじわじわと体重が増加傾向で、スーツのボタンが苦しくなってきた。洋服が着られなくなるのは、経済的にもまずい…。

そんな折、ふたりがダイエット宣言。
ちゃっかり、それに便乗しました。

で、話を戻します。
ルパーブジャムがダイエットに効果的、という話。

ダイエットするということは、摂取する絶対量を減らすわけで、どうしても便秘になりますよね。
このルパーブジャムを食べると、なぜが我が家のメンバーにはてきめんに効果が表れる。
植物繊維を多く含んでいるからだと思う。

見た目もフキみたいで、繊維感半端ないですもん。それにこの尋常でない酸味には、きっといろいろカラダに良さそうなものが含まれているに違いない。

朝はルパーブヨーグルトかルパーブトーストを食べて、お弁当には五穀米、夕食は玄米に切り替えた。そして、夜9時以降は食べ物を摂取しないようにした。

娘はジムに通ったり、合気道の道場に行って体を動かしていたが、私はお風呂上がりに自己流体操をする程度。

2ヶ月近いダイエットを意識した食生活を送った結果、ムッシュは3キロ、娘と私は2キロの体重減に成功。目標体重には届いていないので、家族ダイエットは、今も継続中です。

また、結果報告しますねー。




  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。










コンテチーズのベイザンヌサラダ

image


「レシピブログ」主催、コンテチーズと日本酒のマリアージュイベントに行ってきた。

料理ブロガーやってると、時々こういう「食」関連のイベントに呼んでもらえるのが、小さな楽しみだったりする。お土産も頂けるし、発想豊かな人達とも知り合える。
さっそく今日もらったコンテチーズでベイザンヌサラダを作ってみた。「ベイザンヌ」とは、野菜などを1センチ角に切ったものを言います。取り急ぎ、おうちにあった野菜とコンテチーズをカットして、マスタードをきかせたドレッシングであえる。うんうん。コクのあるコンテチーズが良い仕事をしてくれている。

さて、イベント報告。

コンテチーズとはフランスの東部、アルプスにほど近いジュラ産地一帯で作られる、ハードチーズのことです。

image


「コンテチーズ、食べたことない人おられます?」と、本日の講師、日本語ペラペラのフランス人ファビアンさんが冒頭に聞く。「はーい!」と元気よく手を上げたら、2-3人しかいなくて、びっくり。え、そうなの?みんな知ってたんだー。ちなみにファビアンさんが持っているのがコンテチーズ、の模型です。

コンテチーズは添加物を一切使わず、最低4ヶ月、最高18ヶ月、熟成させるそうな。しかも、その熟成の度合によって、風味や食感がぜんぜん違うの。

image


左から、一番若い8ヶ月間熟成、真ん中が12ヶ月。右が18ヶ月。色も弾力や食感、もちろんお味も、ぜんぜん違います。

まずはそれぞれくんくん匂いを嗅いだりお味見をして、次にファビアンさんが用意した日本酒4種とのマリアージュを楽しみました。

image



お酒が、また個性的。これもファビアンさんチョイス。チーズを口に含んで、日本酒で流し込む。アミノ酸を感じるものや、酸味が強く出たり、逆にミルク臭が残るものもある。


image


フランス人が的確な日本語で繊細な味の違いを表現しているのに、日本語ネイティブの私は、「おっ、合うね。」「んー。ビミョー。」と、語彙ではなく、感覚的な表現しかできない。
ま、おいしければ、いいじゃない、ということで。


image


それにしても、チーズと日本酒、合います。
まさに国境を越えた愛!
私が若い頃は、「酒は英語でrice wine」と習ったけど、今は「サケ SAKE」でいいよね。

今日イベントでもらった資料に、ベイザンヌサラダが紹介されていて、帰宅してすぐアレンジバージョンを作ってみたわけ。

※レシピ覚え 二人分
コンテチーズ  50g
かぶ      1個
ジャガイモ   1個(ゆでたもの)
キュウリ   1/2個
ミニトマト   4個
枝豆      適量

塩     小さじ1
リンゴ酢  大さじ2
オリーブ油 大さじ3
粒マスタード 小さじ1
塩コショウ 適量


チーズが好きなムッシュが、残っていたコンテチーズをワインと一緒にまたたく間にたべちゃった。
また食べたいから、販売店を探さないと。

そうそう。コンテチーズは加熱してもいけるんです。ファビアンさんイチオシの「ポテトグラタン」、夏になる前に作ろうと思う。



  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。



ギャラリー
  • お野菜チャージ!
  • 抹茶あずきトースト
  • 抹茶あずきトースト
  • 抹茶あずきトースト
  • 年の始めのiPadミニ。
  • 年の始めのiPadミニ。
  • クリスマスブラウニーはいかがでしょう。
  • クリスマスブラウニーはいかがでしょう。
  • TDSで買ったティーストレーナー
livedoor プロフィール