マダム昌代の野菜で美レシピ

野菜を中心としたヘルシーメニューに、 愛犬ナナや映画やお笑いの話もね。 (旧ブログ「マダム昌代のおもにお野菜レシピ」から引っ越してきました。) http://madamemasayo.blog57.fc2.com/

飲み物

春におすすめ、ミントティー。

image


私は日本茶をちょっと入れます。

緑茶とミントがこんなに合うなんて!
昔、「モロッコティー」が、緑茶(中国産)とミントのブレンドだと聞いたことがある。でもあちらのみなさんは、お砂糖を大量に入れるらしい。
甘くてもさっぱりしていて美味しそうだけど、個人的には、お砂糖抜きが好きかな。

一般的なハーブティーとしてのミントティーは、ミントの葉っぱだけだけど、そこに少し日本茶の茶葉を入れてあげます。

春先になると、たまらなく飲みたくなるお茶です。なんでかなーと思っていたけど、わかりました!

先日、正木稔子先生の「食と心の健康」セミナーを受講したんです。正木先生は、現役の耳鼻科医のかたわら、「病気になる前にできることがあるんじゃないか」と、東洋医学の概念から、食事や生活のアドバイスをしてくれています。この日のテーマは「春のケア」。

○春は血流が良くなり、肝の働きが高まる。
○冬に蓄えたエネルギーを外に発散するため、自律神経のバランスを崩しやすい…
等々。

そう言えば、だるさを感じたり、軽いめまいがするのも、今の季節ばかりだな~。なるほどなるほど。

春は「肝」を補う食材を摂ると良いらしい。

リストを見ると、あるある、ミント!
そっかー。
やっぱり体が欲していたのね。

image


ポットにミントの葉を入れて熱湯を注ぎ、5分蒸らします。お湯が少しさめて、緑茶の適温になりますから、そこに茶葉を少々(私は好きな茶葉をティーバッグに入れて使っています)。
2分ほどで、できあがり。

image


カカオたっぷりなビターなチョコがあれば、なお良し。

私は水筒に入れて持ち歩くこともあります。使用後も水筒にほのかにミントの香りが残って、いい感じですよ。



  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。




カスタマイズ玄米茶

image


さあ、お茶しましょ!

我が家は、一日に何回もお茶を飲む。なんだかんだ理由をつけては、すぐ一服する。
日本茶が一番多いけど、コーヒー(お茶じゃないけど)や紅茶も、お菓子と一緒にキッチンのテーブルに並ぶ。

この間、同僚が「うちは日本茶を飲む習慣がないから急須もないのよ。」と話していて、周囲も「ペットボトルのお茶おいしいもんねー」と同調していた。内心びっくりしたけれど、そうか。今はそうなんだ、と実感した次第。
そう言えば、炊飯器が家にない友達もいる。「おかず作ってもお酒と一緒に食べる」から、ご飯はいらないそうだ。それもありよね。ライフスタイルですからね。

それにしてもムッシュは、お茶とご飯が大好きな人でよかった、と思う。だいたいみんなそうだと思うけど、「勢い」で結婚するから、相方の細かい嗜好とか、チェックしないもん。でも末長く暮らしていくためには、案外こういう細かい事が、ポイントになったりする。

我が家では、娘が小さい頃から、「ゆんたく(沖縄の言葉でおしゃべりのこと)しよう」の合言葉でお茶タイム。大事なコミュニケーションの時間になっている。

ちょうど若い頃の貧乏エピソードの話になって、ムッシュの友達のセンダ君が、あまりの空腹に、「玄米茶の玄米のところをポリポリ食べた」という話になった。

そうだ。玄米茶。しばらく飲んでないな。

それでいつも取り寄せをしている松阪茶の通販サイトで調べたところ、玄米茶の「玄米」だけが売られていたのを発見。へー。こんなのがあるんだー、と即購入。

image


いつものお茶が香ばしい玄米茶になります。私は、三番煎じの時に一人分小さじ1杯目安で追加して、熱湯を注いでいます。
お値段もお安く、センダ君じゃないけど、そのままポリポリ食べても結構いける。

image


いろんなお茶屋さんで売ってますので、お試し下さい。
ちなみに私が購入したのは、ここ。
茶来まつさか 





甘酒で夏を乗り切れ!

image


「甘酒」は夏の季語なのですよ。

今年は、米麹から甘酒を作って、楽しんでいます。先日の料理コンテストの賞品のサーモスのフードコンテナーのおかげで、発酵が格段にラクになりました。

image


材料は、米麹と水だけ。この麹は、200g入りです。あとは、料理用温度計。これは必需品。

image


まず、サーモスに熱湯を入れて、しばらく置いておく。
小鍋に、200ccのお水を入れ、弱火にかけ、60℃にする。そこに米麹をほぐしいれ、木べらでかき混ぜながら、温度をチェックし、67℃になったら、サーモスのお湯を捨て、素早く鍋の中身をあけて、すぐふたをする。
このまま、6時間放置する。それだけで出来上がり!

image


お砂糖とは違う、なつかしい甘さ。
子供の頃、母があんかと一緒に麹が入ったお鍋を布団でぐるぐる巻きにして、甘酒を大量に作っていたなあ。

私は、だいたい2倍にうすめて、冬は温めて、夏は氷を入れて頂く。

今日は冷たい甘酒。すーと体に染みこむ甘さ。
「飲む点滴」って、うまく言ったものだな。

さてっと。しゃっきっとしたところで、仕事の準備。甘酒効果かしら、お化粧の乗りがいいとご機嫌の私に、ムッシュってば、
「おっ、化粧が濃いぞ、京唄子みたいだぞ。」
とからかう。じゃああなたは、鳳啓助かい、っと混ぜ返して、家を出た。昭和な夫婦でございます。ポテチン。




  よろしければ、クリックお願いします。 励みになります。


お茶のある風景

奮発して、高級緑茶を取り寄せてみた。

image



ものども頭が高ーい。100g2160円!
松阪は深緑茶房の「千寿」なるぞよ。

お茶にふさわしい茶器がないけど、気にしない。料理温度計でしっかりお湯の温度を測って、適温の60℃にして、キッチンタイマーを2分にセット。もはや理科の実験みたい。

で、ムッシュとおごそかに飲んでみた。

おいしい!

何ともいえない「旨み」がある。

「ええなぁ」
「ほんまやなあ」

ズズーと飲んで、お湯の温度をちょっと高くして、二煎め。

「今度は濃厚になるなあ」
「ほんにほんに」

お茶のお供は、「茶まんじゅう」。

image


NHKの「あさが来た」にしばしば登場する「ふなばし屋の黒糖まんじゅう」って、茶まんじゅうのことだと思う。うちの近所にも売ってるよ。利休まんじゅうって書いてあった。無性に食べたくて買ってきちゃった。テレビの影響。

そう言えば「あさが来た」では、お茶を飲むシーンが多い。悩んでる大番頭さんに、そっとお茶をだす女中のうめ。「わてはこれしかできまへんさかいに」と、あさにお茶をいれるだんなさん。そう言えば、今朝も夫婦の会話にお茶の味の話が、何かの伏線みたいに出てきたな。そうそう玉木宏さんの膝元にかわいい土瓶が映り込んでたなあ。

本当は今朝の私たちみたいな、理科の実験的なお茶の飲み方は無粋なのかもしれない。日本茶文化は、生活の中に自然と溶け込んでいるものだもんね。

我が家は、夕食後など「ゆんたくしよう。」と3人でお茶を飲むのが恒例だった。「ゆんたく」とは、沖縄言葉で「おしゃべり」のこと。
うちでは、お茶を飲みながらお菓子を食べるのがメインかな。夫婦ふたりでも、あいかわらず「ゆんたく」してるよ。

ひとり暮らしでも、お茶の時間は大切だよ。朝ドラの場面転換の小道具みたいに、ポンと気持ちが切り替わる。

あなたが月末、東京に戻ったら急須と湯呑みを選びに行きましょう。いまうちで使っている萬古焼(ばんこやき)がいいよ。土に鉄分が含まれているから、毎日お茶を飲んで、地味に鉄分が補給できるからね。
そして、お茶は「深蒸し茶」をおすすめします。ちなみに私は、「松阪茶アンバサダー」なので松阪茶をイチ押しします。
チェックしてねー。

映画とハーブティー

今週は、映画DVDを3本観た。
とてもラッキーなことに、全部よかった。
「Smoke」「海街ダイアリー」「お見送りの作法」
偶然だけど、3本とも、派手なアクションも宇宙人の襲来もない。「人間」を淡々と描写し、登場人物の演技力が光る渋い作品ばかり。
解釈を観客に委ねる部分もあるから、見る側にも心地良い緊張感を与える。

そして、これもお気に入り。




ローズヒップティー。ハイビスカスとブレンドだから、きれいだけど酸っぱいの。
お砂糖やハチミツ入れてしまうと、ヘルシーでなくなるような気がして刻んだドライフルーツを入れてみた。




ドライフルーツ大さじ1杯強とローズヒップティーのティーバッグををカップに入れて、熱湯を注いで、3分。
ふやけたドライフルーツが、ちょうどいい甘さ。スプーンですくって食べるから、おやつにもなります。

ビタミンCもたっぷりだし、お肌にも良さそう。お試しあれ。

ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ&楽しい」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります     

燗酒の季節です!

今日は、夜になってグンと冷えました。下仁田ねぎと鴨肉が手に入ったので、鴨南蛮を作って、熱燗で一杯。家飲みはいいもんです。でもなんでまた急に日本酒?


一昨日、レシピブログの「おいしい燗酒を楽しむ夕べ」に参加しました。燗酒の楽しみ方のレクチャーあり、蔵元8社のおすすめ日本酒の味比べあり、人気ブロガー勇気凛りんさんのおつまみレシピの試食ありの夢のようなイベントでした。


いやもう。知っているようで知らないことばかり。「お燗番」「ちろり」「燗上がり」「日向燗」なんて響きの良い日本語がバンバン出てきて、うっとりしちゃいます。

今回参加していた蔵元は、新潟、宮城、兵庫、愛媛、佐賀などで、本当に日本酒は地域に根ざしているのだなぁ、と実感しました。

私達のテーブルには福島県の「人気酒造」の遊佐社長が登場!


見た目まんまの元気な方で、「人気一(にんきいち)」も、お米の味を豊かに感じる美味しいお酒でした。社長と同じく威勢のいいお酒。名前もいいから、人気稼業の人には縁起良いかも。ムッシュが来月新刊を出版するから、早速アマゾンで注文しましたよ〜。


好きな徳利を湯煎で温めて、ちっちゃなお猪口でちびちび頂く日本酒は、晩秋の夕食時が似合いますなあ。

ちなみに本日、お蕎麦と一緒に頂いたのは、宮城県の(株)佐浦の「浦霞」。すーと飲める心地よい喉越し。これもまた美味しい。じつは、イベントのお土産です。ありがとうございました。

以上、一昨日のイベント報告でした。


今日は、仕事帰りに立ち寄ったスーパーで、鴨胸肉が30%引きになっていてラッキー。鴨肉は高価だから、少ししか買えないけど、いい油がつゆに出て、ちょっぴりでも存在感抜群です。めんつゆで十分。
そして、下仁田ねぎがドドンと八百屋に入荷。もちろん普通の長ネギでOK。5センチくらいに切って、縦に切り込みを入れます。ねぎは5分、鴨肉は2分煮ればOK。ねぎの種類によって煮込み時間は変わります。


レシピは超簡単よ。そばを茹でている間につゆの素を好みの濃さにして火にかけ、沸騰したらねぎを投入、3〜4分経ったら鴨肉。2分煮込んで、ネギがお好みの柔らかさになったら火を止め、そばと合わせて出来上がり。

仕事で疲れて帰ってもこれなら作れるね。あなたは最近とんこつラーメンばかり食べているけど、そばはルチンたっぷり、ねぎで風邪しらず、燗酒でポカポカ。翌日のお肌も絶好調になるわよー。 
日本酒はお肌にもいいらしい。(根拠は忘れた)確か鴨肉もビタミンやら鉄分やらDHAが豊富だったと思う。最高やん。

そばと燗酒をたしなむ一人暮らしの26歳の娘って、渋カッコいいと思う。最近、電車内でも、コンコン咳している人が増えたね。このメニューなら、風邪のひき始めくらい、へっちゃらよ。

お試しあれ!





ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ&楽しい」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります     




ひらめき朝食!

サンキュッ!リプトンさん。
ブロガー向イベントに行ってきました。


紅茶の話を聞いたあと、
ワッフルとフルーツで作ったよ。載せるだけ。朝からこういう遊び心を発揮できればなあ。


おなじみの黄色いパッケージ。
リプトンでは現在「ひらめき朝食」というキャンペーンが展開されているそうです。ブロガー向にその体験会の募集があったので応募したら、当選しました。

そういえばあなたが初めて、懸賞に応募したのも、リプトンだったよね〜。応募券集めて、クマのヌイグルミ当たった時は嬉しかったね。5歳のあなたは、覚えたばかりのひらがなでハガキを書いてね。よくまあ、あの文字を解読してくれたもんだ。以来、恩を忘れないあなたはリプトンしか買わない。私も、この黄色いラベルを見ると何かいい事ありそうな気分になるの。

今日、リプトンの人いたから、お礼言いたかったなー。


本日のゲストは人気ブロガーのvivianさん。美人〜。上のお魚ワッフルはこの方のアイデアです。デモもして下さいました。息子さんの絵を再現したんですって。たまらんのー。

紅茶には、テアニン、カフェイン、フラボノイドが含まれているから、集中力が高まる⇨アイデアがひらめく、らしい。ははーん。つまり、朝食と一緒に紅茶を飲んで、頭シャッキリ、ひらめき冴えわたる1日を送ろうぜ、ということね。

私は、朝はどちらかと言うとコーヒー派だけど、習慣を変えてみると新しい発想が湧くかもしれない。

日本茶も美味しい季節だし、お互いゆっくりお茶やコーヒーを飲む時間を大切にしましょう。



ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ&楽しい」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります     




ギャラリー
  • お野菜チャージ!
  • 抹茶あずきトースト
  • 抹茶あずきトースト
  • 抹茶あずきトースト
  • 年の始めのiPadミニ。
  • 年の始めのiPadミニ。
  • クリスマスブラウニーはいかがでしょう。
  • クリスマスブラウニーはいかがでしょう。
  • TDSで買ったティーストレーナー
livedoor プロフィール