マダム昌代の野菜で美レシピ

野菜を中心としたヘルシーメニューに、 愛犬ナナや映画やお笑いの話もね。 (旧ブログ「マダム昌代のおもにお野菜レシピ」から引っ越してきました。) http://madamemasayo.blog57.fc2.com/

お茶関係

お茶畑の草取り体験〜装備について。


突然ですが、畑仕事をお手伝いするときの「装備」をご紹介します。
自分の覚えなのですが。


20180709_070859881_iOS
まず麦わら帽子。こういうのが一番畑仕事に向いている。通販でもお安く買えます。

20180709_072257029_iOS

長靴。畑には蛇やブヨがいるかもしれない。これは「日本野鳥の会」のもの。「フェスで履いている人をよく見る」と娘。

20180709_070434763_iOS

水に濡らして首に巻く熱中症対策グッズ。ドラッグストアで購入。
あと100均で買った作業用軍手、PLAZAの腕カバー。

20180709_073056897_iOS

あまり使わなかったけど、虫除けスプレー、日焼けクリーム、汗拭きシートなども念のため。

20180709_070722066_iOS

農作業の邪魔にならないよう、小さいリュックかポシェットに水等最低限のモノを入れる。

IMG_0746

暑い日でも長袖長ズボンでね。

じゃーん!
ここは静岡市奥長島(足久保)のだんだん茶畑です。


20180708_024948545_iOS

この景観を守るために活動されている勝山さんとご縁があり、千葉県から静岡まで草取りのお手伝いに行ってきました。
物見遊山ではなく、しっかり戦力になりたくて、上記の通り、「畑着」を揃えて、朝5時起きで東京駅から新幹線に乗り、静岡駅からはバスで1時間近くかけて 茶畑のふもとに到着。

20180708_022911914_iOS

古民家「山茶(さざん)」に休憩させて頂きました。
太い梁を生かした吹き抜けの天井。クーラーがなくても、家の中はひんやりしていて、子供の頃の思い出が蘇ったようでした。ここですっかりくつろいでしまい、畑に出るのが大幅に遅れてしまいました。



除草剤をつかわないので、毎日が「草との闘い」だそうです。
私は結局草取りボランティアには程遠く、「農業体験」レベルでした。
それでも澄んだ空気の中、鳥の鳴き声を聴きながら、無心に作業をする時間は、貴重でした。リフレッシュになりました。そして、この風景を守らないといけないなあと強く思いました。

IMG_0753


でも。
私のような農業の素人が、自己満足を求めて「茶畑行きたーい」と言ってもほとんど助けにならないばかりか、送り迎えや、案内、安全確保などで、勝山さんの貴重な時間を浪費させてしまったのは事実です。勝山さんは奥長島のこの貴重な景観を守り、恵まれた環境と地質が生み出す高品質のお茶を次代に残そうとしておられます。茶畑だけに限らず、農業全体後継者不足の問題があり、耕作放棄地が年々増加していると聞きます。
そのような事実を知るためにも、勝山さんは「畑に来て欲しい」とおっしゃって下さいます。
次回は、もっと余裕のある日程で、しっかりと作業をしたいと思います。
なお、
静岡県の「棚田 里地くらぶ」等、全国に保全活動や農業体験を企画している団体があるようです。
この夏休み、どこかの畑で汗を流してみるのもいいかもしれませんね。














段々茶畑からのプレゼント


IMG_0703
我が家では定番の茶粥だけど、今日は茶葉がスペシャルなのです。
先日、ひょんな繋がりで知り合いになれた、静岡市の奥長島で美しい段々茶畑を守っておられる勝山さんから、お茶やお味噌を譲って頂きました。

通常は秋摘みのそれも硬い葉っぱや茎を使うほうじ茶なのに、勝山さんところのは一番茶を焙じています。どっしりと力強い風味。茶粥に使ってみると、冷めてもお茶の風味が楽しめる絶品のおかゆさんになりました。

IMG_0722

※勝山さんのだんだん茶畑です。
日本茶アンバサダー協会の満木代表撮影。勝山さんとの茶縁を繋いで下さいました。
この美しい風景を残すために勝山さんは奮闘されています。

だんだん茶畑のお茶は格別でした。無農薬だから、茶殻も頂けます。
ゴマ油で炒め煮にしてみた。

IMG_0718

ついでに。

IMG_0719
おむすびの具にもなります。玄米ご飯との相性も抜群で、食べるとちょっとびっくりしますよ。

そしておかずは、勝山さんお手製のお味噌と冷蔵庫にあった舞茸となす。
調味料要らずの味噌炒めです。

IMG_0707
このお味噌すごいわ。
IMG_0708
うちは、大きめのタッパーにお味噌を数種類同居させてます。今回八丁味噌と西京味噌と一緒になっちゃったけど、勝山さんの「手前味噌」(←本来の意味)は右側ね。もったいなくて、合わせ味噌に出来ないです。

お茶も味噌も、日本人として大切にしたい食材、いえ、「文化」だと思います。
残念ながら、最近は私の周りでも急須でお茶を飲む習慣が失われつつあります。確かにペットボトルはお手軽ですものね。そして、お茶の産地では耕作放棄地が増えていると聞きます。
「お茶でもご一緒に」。この美しい日本の文化を残していきたいなぁと近頃強く思います。

◆勝山さんの段々茶畑は地元静岡のネッツトヨタさんが支援されています。
   https://chafuka.jp/chatsumi/

 ネッツトヨタさん、偉い!


台北弾丸ツアーしてきた。

20180620_043051639_iOS
え?ここが台北?マオコン(猫空)です。

ええ、日帰りで台北に来ています。ピーチアビエーションのキャンペーンの弾丸ツアー台北で。チケット代は驚きの往復9800円!

ピーチのMM859便台北桃園空港行きは、早朝5:55発。チェックインは2時間前として、前日の夜中に出発の感覚です。
さあ、バッグひとつで海外旅行へ!

前日のお仕事終了後、ロッカールームで荷造りをして、羽田空港国際線到着ロビーへ。まずは24時間営業のシャワールーム(30分1,030円)でさっぱりして、空港内を探検。モスカフェでぼんやりしたり、ローソンでおやつを買ったり、ルーターを借りたり、両替に行ったりしていると、もうチェックインの時間になってしまった。ちなみに両替所のお兄さんから、「台湾ドルなら、台北の空港の両替所の方がレート良いですよ」といわれて、アドバイスに従うことに。

台北までのフライトタイムは4時間弱。睡眠時間はここで確保出来た。
夢の中で桃園空港にランディング。この空港は市内中心部から離れているから、観光時間は7時間程度かな。しっかり目的を決めておかないと、格安チケット料金と言えども無駄になってしまう。

お茶好きの私としては、鉄観音の発祥の地と言われる猫空(マオコン)には行っておきたい。
で、今回の旅の目的は、①猫空で茶葉料理を食べる。②今が旬のマンゴーを食べる ③台湾式のシャンプーを体験する、に絞った。

ということで、桃園空港→台北駅→動物園前駅→と地下鉄に乗って、まずはマオコン行きのゴンドラに乗ったわけです。

20180620_041954983_iOS

終点まで、思ったより遠い。。。。30分はゴンドラに乗ったかな。なかなかダイナミックなゴンドラで、景色も雄大。どんどん高台に登って行く。

やっと着いた。もうお昼前午前11:30  お腹ぺこぺこだけど
ゴンドラ降りるとこの素朴な風景。気持ちが和らぎます。

IMG_0692


IMG_0713

「猫空」は当て字で、マオコンと猫は特に関係ないそうですが、「空飛ぶ猫」みたいで、なぜか心引かれる地名です。



ちょっと歩くと「茶葉料理」の看板があったので、ふらふらと入店。

20180620_054425741_iOS
20180620_054700091_iOS


中国語しか話さない店員さんばかりのお店だったけど、メニューの写真と漢字名で類推して注文。まあそんなに外れていないチョイスかと。。
青菜のゴマ和えと、「油麺」。どちらも、一口食べるとホワッとお茶の香りや苦味を感じたけれど、詳細不明。だってコミュニケーション出来なかったんだもん。でも間違いなく茶葉料理だと思う。とても美味しかったので完食しました。

お茶を頼んだら、こういう100均のマグカップみたいなので提供されて、がくっとしたけど、香り良し味良しでびっくりしました。さすが鉄観音のふるさとじゃ。

IMG_0695

せっかくお茶の郷に来たのだから、喫茶店ぽいお店に入ってみる。

IMG_0696
IMG_0697
IMG_0698
このパイナップルケーキ、市販品だろうけど、めっちゃおいしい。。


IMG_0696
あー。いい景色。時間を忘れる。

日帰りだから、のんびりもしていられない。午後2時過ぎちゃった。

おっと。ゴンドラで市中に戻って、グルメとお茶の街、永康街へ。
地下鉄の東門駅から外に出ると、ふわっと甘い香りがしてきた。町の雰囲気はどことなく福岡のような印象。大きな通り沿いに小籠包で有名な「鼎泰豊」があり、その脇が永康街だ。

IMG_0712
目的②達成!マンゴー、美味しい!

IMG_0714
IMG_0715
葱餅と、タピオカミルクティも。
ポートランドみたいに、「バブルティー」と言っていて、お砂糖やミルクの量、タピオカの大きさまで、聞いてくれる。

公園で一息ついて、地下鉄で中山駅へ。

ここは、デパートやら、ホテルやら、ブランドショップやらで華やかな通りだ。
Charm Villa でお土産用の金魚の形のティーバッグを購入。
IMG_0716


それから新光三越の食品売り場を観察。本当はこのあたりの美容室(髪をツンツン立たせるシャンプー体験←目的③)に行きたかったし、乾物の町の迪化街も訪ねたかった。
でも、18時には空港行きの電車に乗りたいから、ここで町探検はおしまい。

でも楽しかった!天気予報外れて雨もふらなかったし。やり残したミッションを完結するために、また台北に来たいなあ。










抹茶あずきトースト


ちょい足し抹茶シリーズ!

名古屋でおなじみのあずきトーストに抹茶をちょい足し。ほら、素晴らしく美しい朝食になりました。いつものマーガリンに抹茶をひとつまみ。ねりねりしてパンに塗り、あんこをトッピング。
このあんこは自家製です。昨日のぜんざいが煮詰まっただけですけどね。ほら⬇︎


きび糖の甘みが優しいおぜんざいです。島田市の「むら茶園」のほうじ茶とともに。ここのほうじ茶はどっしりと力強い味わいです。素朴なおぜんざいにめちゃくちゃ合います。

抹茶は同じく島田市の「たむらのうえん」のもの。

無農薬の抹茶って、あまり売っていないですよね。


  よろしければクリックお願いします。
      励みになります。


年の始めのiPadミニ。


「 武器」を手に入れた気分。

ずっと迷っていたけれど、思い切ってiPadミニを買ってきた。銀座のアップルストアはものすごい人でごった返していたけれど、初期設定もやっもらえるから安心ね。しかも新年セールで6,000円分のギフトカードも頂けて、実質上の値下げですな。

私の格安スマホだとテザリングが心もとないため、いろいろ考えてWi-Fi+Cellular のiPadにしました。年末からお安いSIMデータプランを調べてDTIと契約し、恐る恐る設定してみるとサクサク繋がりまたびっくり。しかもしかもお試しプランだから6ヶ月無料なのです。

ブログもおかげで格段に書きやすくなりました。
人に写真を見せるのもストレスフリー。だって私の友人世代は、だいたいが「老眼」。しかもみんな見えてるフリをするもんだから情報が伝わらなくて。。。
待てよ。
これ持って海外に行って、空港でちゃっとSIMを差し替えてスマートに使う私が見えてきた(妄想)。

2018年、頼もしい相棒ができたことだし、今年はもうちょっと多めにヘルシーレシピをアップできればなあ、と思っています。

今日は、おせちの残りの黒豆を使ったカナッペです。
お茶うけが何もないので作ってみた。
クリームチーズに抹茶とメープルシロップを適当に混ぜただけだけど、抹茶ティラミスの味がするような。


皆さま本年もどうぞよろしくお願いします。

 よろしければクリックお願いします。
      励みになります。


クリスマスブラウニーはいかがでしょう。

[画像:c62cceac-s.jpg]
ブラウニーをデコレート。
いつものブラウニーを三角にカットして、抹茶入りのアイシングをかけてみました。竹のミニフォークを刺すだけで、クリスマスツリーっぽくなりましたよ。

[画像:7421bb0c-s.jpg]
粉砂糖を、雪っぽく振ってもいい。クルミがあったのでちらしてみた。
本当は、製菓材料コーナーでよく見かける銀色の粒の方がクリスマスぽいかしら。

※ブラウニーは、お好きなレシピで。
抹茶アイシング
   粉砂糖 大さじ2
   抹茶 小さじ1
   水   小さじ1
   →少しずつ水を加えてクリーム状になるまで混ぜる。

TDSで買ったティーストレーナー

1120611

アリエールが優しく癒してくれます。
仕事場でお茶を飲むのに、いろいろなストレーナーを試したけれど、目下のところこの子が一番のお気に入り。茶葉を入れる部分(ホタテ貝形!)がやわらかいシリコン製で、ストレスなく使えるの。

1120613

お茶は、島田市の「むら茶園」がおすすめよ。
もともと深蒸し茶が好きだけど、「むら茶園」さんのお茶はしっかりと豊かな味がする。しかもコスパが良いから、普段のお茶として、がぶがぶ頂けるのも嬉しい。

1120615

うちの娘にも勧めようかな。

先月娘に「むら茶園」のティーバッグの深蒸し茶をあげたら、「ティーバッグの概念が変わる。。。」とあまりの美味しさに絶句していたけれど、茶葉はもっとおいしいのだよ。このストレーナーを使えば、急須がなくてもOKだし、何より会社のデスクに大好きなアリエールがいると気分が上がると思うな。
いつの間にか社内で中堅どころになって、何やら難しいお仕事をしている様子のあの子には、ほっと一息できるお茶の時間が必要だもんね。

アリエール見てたら、映画「リトルマーメイド」の代表曲 "Part of Your World" を聴きたくなった・・・・
「夢」をかなえようと、アリエールが力強く歌いあげる美しい旋律。まだ小さかった娘と何回も何回もビデオを見たのはもう20年以上も前のこと。ディズニーってすごいなあ。私が小学校の入学祝いに親戚のおばちゃんから「101匹わんちゃん」の絵柄ののお稽古バッグを買ってもらったのは50年前。最近だと「アナ雪」の人気もすごかったしなあ。ずーと全盛期なんだなあ。

ちなみに、このティーストレーナーは7月ごろ、TDSの「スリーピーホエール・ショップ」で買いました。確か1200円くらいだったかと。
パッケージには「ティーストレーナー」となっていたので、それにならいましたが、strainer(茶こし)ではなく、infuser(煎じ器)の方がぴったりしますね。



桜エビのかき揚げ(つみたて茶葉入り)

image


茶葉の苦味が桜エビとベストマッチ!

昨日の記事に詳述しましたが、昨日狭山茶の茶畑で茶摘みをさせて頂きました。

茶畑も人生初なら、生の茶葉も初めてです。
何を作ろう?
「料理法がよくわからなければ、とりあえず天ぷらにしてみると、まず間違いは起こらない。」と誰かが言ってたな。
茶畑からの帰りがけに立ち寄ったスーパーで見つけた釜揚げの桜エビと一緒にかき揚げにしてみました。

image

小さなボウルに一杯くらいの茶葉です。美しいですね。ほんのひとつまみ使います。

image


タマネギの薄切り1/4個分、桜エビ大さじ3、茶葉ひとつまみをボウルに入れる。そこに片栗粉小さじ2 小麦粉小さじ4をふり入れ、冷水小さじ2を加えて、さっと混ぜる。

この生地を一口大くらいずつ、中温の油で2-3分揚げれば出来上がり。小さいかき揚げが6個できました。

image


桜エビのほのかな塩味で十分おいしいですが、お好みで天盛りの塩と一緒に頂きます。

暑い日はそうめんなど冷たい麺類と合わせてもいいですね。油で揚げると茶葉の苦みが柔らかくなり、桜エビと相性良く、サクサクと一気に食べられますよー。

桜エビはそろそろシーズンが終わります。乾燥桜エビをそのまま使ってもオーケーです。生茶葉がなければ三つ葉でどうぞ。



  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。


日本茶アンバサダーになりました。

image


「一芯二葉」って、これなんですね。

本日、狭山茶の茶畑に行って来ました。「日本茶アンバサダー」の公認講座です。日本茶の良さを周囲に広めるアンバサダーの認定を頂きました。
同年代の複数の知人が、「お茶を飲む習慣がない。」「もちろん家に急須はない」と話しているのを耳にして、なんだかザワザワしていたんです。
日本の食文化になくてはならない「お茶を飲む」ことが、当たり前でなくなっていく。
例えば、家にいらしたお客様にちょっと上等の茶器でお茶を出すこと、例えば、仕事が一区切りついたところでお茶を淹れて気分転換すること、例えば、食後に家族でお菓子と一緒にお茶タイム…。

そんな日本的で温かい光景が、消滅してしまうのではないか、漠然とした危機感を感じています。

お茶の物知り博士的な「日本茶インストラクター」は荷が重いけど、「お茶好き」の証明みたいな日本茶アンバサダーは、ちょうどいい感じ。

てなわけで、先週座学で日本茶のあれこれを学び、昨日は茶畑で実習をしました。

小手指駅からバスに揺られて、茶畑に着きました。

image


image


茶畑に入るのは初めてです。なんてきれいな風が吹いているのでしょう。一番茶摘採後だから、二番茶ですかね。先端の芯とその下の葉を2枚、指先で簡単に摘めます。へー。こんなに柔らかいんだ~。

image


茶摘み(のまねごと)の後は、隣接する工場で製茶の工程を説明頂きました。片居木園の社長さんは眼光鋭い寡黙な男前。お茶への熱い思いを、語って下さいました。

image


そして、男前が丹精込めて作ったお茶を、品種や等級を隠して、みんなで大試飲大会。一度にいろんなお茶を、味見する機会は滅多にないので、好みのお茶を探すのは楽しいものです。実はぜーんぶ美味しかったんですけどね。

10人のメンバーはさすがにお茶好き。プロもいたから、盛り上がる盛り上がる。あっという間に時間が過ぎました。

日本茶アンバサダー協会代表の満木さん、所沢市の片居木園さん、所沢商工会議所のみなさん、得がたい体験をさせて頂きました。ありがとうございました!

※追記
7/2の記事で、今日摘んだ茶葉を使ったレシピを掲載しました!




  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。

ブルーベリーのフェイクパイ



卵、乳製品不使用のヘルシーパイ

さあ、今年も千葉産のブルーベリーが店頭に並びました。ちょっと前までは、ブルーベリーと言えばジャムか冷凍ものしかなかったけど、今は新鮮なブルーベリーが気楽に食べられる。ニッポンの栽培農家さん、ありがとう。

このブルーベリーのパイは、1990年代イギリスのマンチェスターの料理学校で、スタッフの1人が試作品として作っていたものを教えてもらい、日本の食材で再現してみたもの。
チーズパイみたいだけど、違います。卵も乳製品使っていませんし、コレステロールもないですよ。

主な材料は「豆腐」です。でも食べてすぐ材料を言い当てる人はほとんどいない。言われてみれば、後味に豆腐っぽい香りを少しだけ、感じます。

そのせいか、日本茶にもコーヒーにも合う。

さっき、ふらっと娘が帰ってきた。パイ焼いてたことを知らないはずなのに、なんという嗅覚!
もと茶道部の娘、「抹茶を飲みたくなった。」とカシャカと茶筅を回して、カフェオレカップに薄茶を作って、振る舞ってくれた。
合う合う。ブルーベリーパイと抹茶。

まあでも、茶道の先生が見たら卒倒しそうなお点前だけどね。



   よろしければクリックお願いします。
      励みになります。







茶粥。ほうじ茶派?緑茶派?

1120032

香ばしいのはほうじ茶粥、旨みを感じるなら緑茶粥。

私の実家が奈良に近いため、子供のころから母が作るほうじ茶の粥に親しんできた。
専用の「茶袋」があって、お粥を炊くとき鍋に一緒に入れて、好みのタイミングで引き上げる。
それで家庭の味が決まる。しっかりお茶の色を出したいけど煮過ぎると渋くなるから、頃合いが難しいですね。

1120026

茶袋の代わりに不織布のお茶パックを使います。米1/2カップの全粥にほうじ茶大匙2杯。

1120036

さらっとしたお粥が好き。熱々も、冷めたのも好き。

本日は、気分が乗ったし、無農薬栽培のお茶を入手したので、緑茶のお粥も作ってみた。

1120029

大さじ2弱の煎茶を60℃で5分ほど、ゆっくり淹れます。美しい色味。
茶こしでこしたお茶はお粥ができるまで、冷蔵庫に入れておく。
残った茶葉は、酒、みりん、薄口しょうゆで、つくだ煮を作るといい。

1120033

カップ1/2のお米で作った全粥が煮あがる寸前に、とりおいたお茶をさっと入れて、火を止める。
ほうじ茶粥は時間が経っても大丈夫だけど、緑茶粥はすぐ食すべし。
写真ではよくわからないけど、出来立てのきれいなお茶の色と香りを楽しむためにね。

お茶は何が何でも無農薬、という考えはないけれど、茶葉をそのまま食べる場合は、まあ気分的に無農薬茶を選びます。今日使ったのは、宇治茶でも静岡茶でもなく「朝宮茶」です。とある新茶のイベントで初めて知った「朝宮茶」。この美しい名前のお茶は、滋賀県の南端、信楽町の産です。茶産地として有名なところらしいですが、生産量はかなり少ない。寒暖差の激しい気候で育った力強いお茶、という感じですね。茶葉も大きくしっかりしていて、つくだ煮にぴったりでした。

1120024

そうそう。この棒ほうじ茶がおいしかった。私のソウルフードの茶粥に使ったら大正解。
静岡の「カネカ北川製茶」のものです。
甘くて香ばしくて、雑味がなくて。指名買いしたくなりました。


ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります

春におすすめ、ミントティー。

image


私は日本茶をちょっと入れます。

緑茶とミントがこんなに合うなんて!
昔、「モロッコティー」が、緑茶(中国産)とミントのブレンドだと聞いたことがある。でもあちらのみなさんは、お砂糖を大量に入れるらしい。
甘くてもさっぱりしていて美味しそうだけど、個人的には、お砂糖抜きが好きかな。

一般的なハーブティーとしてのミントティーは、ミントの葉っぱだけだけど、そこに少し日本茶の茶葉を入れてあげます。

春先になると、たまらなく飲みたくなるお茶です。なんでかなーと思っていたけど、わかりました!

先日、正木稔子先生の「食と心の健康」セミナーを受講したんです。正木先生は、現役の耳鼻科医のかたわら、「病気になる前にできることがあるんじゃないか」と、東洋医学の概念から、食事や生活のアドバイスをしてくれています。この日のテーマは「春のケア」。

○春は血流が良くなり、肝の働きが高まる。
○冬に蓄えたエネルギーを外に発散するため、自律神経のバランスを崩しやすい…
等々。

そう言えば、だるさを感じたり、軽いめまいがするのも、今の季節ばかりだな~。なるほどなるほど。

春は「肝」を補う食材を摂ると良いらしい。

リストを見ると、あるある、ミント!
そっかー。
やっぱり体が欲していたのね。

image


ポットにミントの葉を入れて熱湯を注ぎ、5分蒸らします。お湯が少しさめて、緑茶の適温になりますから、そこに茶葉を少々(私は好きな茶葉をティーバッグに入れて使っています)。
2分ほどで、できあがり。

image


カカオたっぷりなビターなチョコがあれば、なお良し。

私は水筒に入れて持ち歩くこともあります。使用後も水筒にほのかにミントの香りが残って、いい感じですよ。



  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。




グルテンフリーの抹茶スノーボール

P1110159 - コピー

バターや卵も不使用なのですよ。

いつも小麦粉やアーモンドプードルを使っているのだけれど、今回は抹茶だから、なんとなく米粉を使おうと思い立った。だったらいっそううんとヘルシーにして、バターも使わない。油分は「グレープシードオイル」にした。これは、ワインのブドウの種を絞ったオイルで、うちの近所のスーパーでも売っている。クセのない風味。ビタミンEの含有量はオリーブオイルの4倍だって。

そして抹茶は、静岡県島田市の「Matcha Organic Japan 株式会社」のもの。
幕張メッセのFOODEX2017に出店されていたのがきっかけで、個人的に応援しているの。
まさに「作り手の顔が見える」お茶です。

役者は揃った。材料を混ぜて、くるくる丸めて、トレイに並べて、楽しー。

P1110143 - コピー

ええぞ、ええぞ。低温のオーブンでじっくり焼くと・・・・・・

P1110144 - コピー

ひび割れてるのも、ご愛敬。
粉糖でカムフラージュすればよし。

もっとおしゃれにするのなら、ホワイトチョコと少しのゴマで、ほれ、この通り!

P1110158 - コピー

ホワイトデー仕様にして、ムッシュと食べました。「うまい!商品化できるんじゃ?」
こんなにひび割れじゃ、ダメでしょう。それに自分で作るから楽しいの。

抹茶の味と香りが生きてます!!
ほろほろサクサク、メレンゲのような、「ちんすこう」のような食感がくせになります。

まだ試作段階のため、レシピ掲載できず、すみません。


ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります


ギャラリー
  • ブラムリー アップルクランブル
  • ブラムリー アップルクランブル
  • ブラムリー アップルクランブル
  • ブラムリー アップルクランブル
  • ブラムリー アップルクランブル
  • ブラムリー アップルクランブル
  • ブラムリー アップルクランブル
  • ブラムリー アップルクランブル
  • ブラムリー アップルクランブル
プロフィール

マダム昌代