マダム昌代の野菜で美レシピ

野菜を中心としたヘルシーメニューに、 愛犬ナナや映画やお笑いの話もね。 (旧ブログ「マダム昌代のおもにお野菜レシピ」から引っ越してきました。) http://madamemasayo.blog57.fc2.com/

スイーツ

クリスマスブラウニーはいかがでしょう。

[画像:c62cceac-s.jpg]
ブラウニーをデコレート。
いつものブラウニーを三角にカットして、抹茶入りのアイシングをかけてみました。竹のミニフォークを刺すだけで、クリスマスツリーっぽくなりましたよ。

[画像:7421bb0c-s.jpg]
粉砂糖を、雪っぽく振ってもいい。クルミがあったのでちらしてみた。
本当は、製菓材料コーナーでよく見かける銀色の粒の方がクリスマスぽいかしら。

※ブラウニーは、お好きなレシピで。
抹茶アイシング
   粉砂糖 大さじ2
   抹茶 小さじ1
   水   小さじ1
   →少しずつ水を加えてクリーム状になるまで混ぜる。

ウェリッシュケーキは超簡単

[画像:be6b893d-s.jpg]
ケーキと言うよりソフトクッキー。

オーブン不要!手軽にフライパンで焼けます。スコーンとクッキーの中間みたいと言われますね。私は表面の食感はオールドファッションのドーナツを連想しました。ミックススパイスが入っていて、いかにもイギリス的なお茶受けです。
ロンドンでは、見かけた記憶はないのだけれど、カーディフとかウェールズの街角のパン屋さんでは、どどんと山積みで売っているらしい。※未確認情報

材料や生地の作り方はスコーンにそっくり。
[画像:a3df82b3-s.jpg]

型で抜いて、フライパンやホットプレートで焼きます。熱いうちに、グラニュー糖を降ります。このトッピングが、キラキラしていて、誘惑的で罪深い甘さなの。

[画像:4162fed5-s.jpg]

わお。イギリス人みたい。若い頃買ったミントンのティーカップで、ムッシュとお茶タイム。我が家にある唯一のブランドもんのカップ&ソーサーよ。

こうやって写真で切り取ると、まるで貴族のお茶会みたいだけど、千葉の賃貸マンションのダイニングキッチンですから。
このあとムッシュは7個もウェリッシュケーキを食べてしまった。「夕ご飯パス」と言ってお昼寝中。。。本日はダイエット休止ですな。

ちなみに、4月に南ウェールズを弾丸ひとり旅をしてきたムッシュに、ウェリッシュケーキのことを聞いたけど、「パン屋に立ち寄る時間もなかった」とのこと。 こりゃ私が行って、本当に山積みになっているか確かめるしかないかな。

そんなムッシュのウェールズ旅エッセイが下記サイトで好評連載中!第1回は、私が、めちゃかっこよく登場してます!

https://kaigo.news-postseven.com/tag/エッセイ「シニア特急」~初老の歴史家ウェールズを征く




自家製石焼安納芋

1120542

がんばって石焼芋を作ってみた。
通販で「石焼芋用の石」を買って、使わなくなった中華鍋に敷き詰めて安納芋を埋めて、弱火でじっくり焼くこと90分。できましたできました。婦女子が大好きな石焼き芋!ほれ、この黄金色のかがやき!!

1120544

安納芋はねっとり系で、甘みが強いの。石焼は低温でじっくり温めるから、より甘くなるらしい。確かに美味しい。でも、また作るかというと、ビミョーではあります。だって、この「石」の下準備が大変。表面が油でコーティングしてあるから、熱湯でぐつぐつ煮て、よく乾かして(濡れた石を使うとはじけて危険らしい)、それでもまだ油分が残っているみたいだったので、さらにオーブンで数十分から焼きしてから、使いました。当たり前のことだけど、「石」だから、重いの。作る前は考えてもいなかったけれども。

以前テレビで、土鍋に石を入れて、めっちゃおしゃれに「焼き栗」を作っていたけど、土鍋の強度は大丈夫なのかしら?

今日の石焼き芋はおいしかったけど、同時進行でほかの焼き方と比較したわけではないので、「石焼きは遠赤外線効果で抜群に美味しくなる」かどうかは、正直わからない。お芋の個体差もあるしね。
でも今日の安納芋は評判にたがわず、甘くてねっとりしていて、何も手を加えなくても、立派なスイーツでした。お疲れ様、私。
結論。おうちで作るなら、「ふかし芋」でいいや。「石焼き芋」は、プロにまかせようっと。


1120546



ヘルシーイチジクタルト

[画像:9a81adb4-s.jpg]
この色合いが大好きです。

イチジクの季節がもうすぐ終わる。
ぎりぎり間に合いました。

何がなんでもヘルシーおやつにしたい私、タルトは、米粉を使ってグルテンフリー、バター不使用、生クリームではなくドリップヨーグルトにしてみた。

がしかし、生地が崩壊寸前で型から出せないというトホホな状況に。

だがしかし、数々の修羅場をくぐってきた私、こういう場合も予想して、同時平行で小さいタルト(タルトレット)も作っていたのだよ。
[画像:f4705378-s.jpg]

ほらね。何て愛らしいのでしょう。同じ生地なのにこちらは崩壊しなかった。

イチジク自体がとても甘いから、ヨーグルトクリームと抜群に合います。

私の実家の庭に昔イチジクの木があって、まさに食べ放題だったから、オトナになって、イチジクがこんなに高価なフルーツと知ってびっくりした。
本当のところ、がぶがぶと無造作に食べたいところを、3個はタルトに、残りは生ハムと一緒にワインとともにうやうやしく頂きました。
こんなに大切に食べているんだもん。イチジクさんも喜んでいることでしょう。

子供時代のイチジクもオトナのイチジクも、どちらも悪くないと思う、ちょっとこなれてきたアタシなのでした。










ウェールズのヘルシーおやつ



[画像:6f2a4e71-s.jpg]

バラブリスとレアビット。

まもなく夫の新刊が発売されるため、銀座のカフェを借りて、小さなトークショーをしました。何たって無名の歴史家だから、自分たちで企画して主宰しちゃいました。

本の内容が、ウェールズの歴史ものなので、ウェールズの伝統的なお茶菓子のレアビット(チーズトースト)と、バラブリス(ドライフルーツのケーキ)を準備。

どちらもヘルシーなお茶うけです。

お客様にも好評で、一安心。
どちらも以前このブログでご紹介しています。


★レアビット
http://madame-masayo.blog.jp/archives/1064223463.html

★バラブリス
http://madame-masayo.blog.jp/archives/1063638682.html


40歳を過ぎてから、ロンドンの大学院を目指した夫と、これ幸いと仕事を辞めてついて行った私、そして、「ピーターパン」のいる街に行ける!と信じていた娘。
あれから20年。貯金をはたいて1年半過ごしたイギリスは、私たち一家のそれからの人生の「基盤」になった。
以降現在に至るまで、経済的には、まったく成功しなかったので、前職の後輩たちから私は「だんな様のためにキャリアを捨てた苦労人」と言われているらしいけど、まったくそれは誤解です。
夫が原稿を書いている、もっとも近くで応援し、出版が決まると家族で大はしゃぎをして、本が出来上がる様子をわくわくと見守る…。

こんな素敵な体験が出来る奥さんが、世の中にそうはいないと思う。

ベストセラーは望まないけれど、そこそこ話題になってほしいなあ。今の素敵なわくわく体験をまた味わいたいからね。

集英社新書10月の新刊のタイトル見ただけで、夫の本がどれか分かると思います。
みなさま、応援よろしくお願いします!

集英社新書http://shinsho.shueisha.co.jp/
2017年10月17日発売!
私の夫は誰でしょう?あのお医者様でも、あのアスリートでもありませんっ!













ブルーベリーのフェイクパイ



卵、乳製品不使用のヘルシーパイ

さあ、今年も千葉産のブルーベリーが店頭に並びました。ちょっと前までは、ブルーベリーと言えばジャムか冷凍ものしかなかったけど、今は新鮮なブルーベリーが気楽に食べられる。ニッポンの栽培農家さん、ありがとう。

このブルーベリーのパイは、1990年代イギリスのマンチェスターの料理学校で、スタッフの1人が試作品として作っていたものを教えてもらい、日本の食材で再現してみたもの。
チーズパイみたいだけど、違います。卵も乳製品使っていませんし、コレステロールもないですよ。

主な材料は「豆腐」です。でも食べてすぐ材料を言い当てる人はほとんどいない。言われてみれば、後味に豆腐っぽい香りを少しだけ、感じます。

そのせいか、日本茶にもコーヒーにも合う。

さっき、ふらっと娘が帰ってきた。パイ焼いてたことを知らないはずなのに、なんという嗅覚!
もと茶道部の娘、「抹茶を飲みたくなった。」とカシャカと茶筅を回して、カフェオレカップに薄茶を作って、振る舞ってくれた。
合う合う。ブルーベリーパイと抹茶。

まあでも、茶道の先生が見たら卒倒しそうなお点前だけどね。



   よろしければクリックお願いします。
      励みになります。







ルパーブジャムの酸っぱいフレンチトースト

image


ダイエット中なもんで。

いつものフレンチトーストに、以前、このブログで紹介した、ルパーブのジャムとドリップヨーグルトをトッピングしました。

見た目と違って、酸っぱいです。
マダムたまりかねて粉糖をかけてしまいました。

ルパーブは、イメージとしては、初夏が旬ですが、10月頃まで出回るようです。

昨年10月に新浦安の「さわみつ」で買ったルパーブで試作したジャムは娘に大好評で、今日同じ店でルパーブを見つけた時は、嬉しくて3束購入。
全部ジャムにしました。
作り方はこちら。

image


ルパーブは、すぐ柔らかくなるから、簡単にジャムができます。

ムッシュと娘と私の3人は、4月からダイエットを意識した食生活を送っている。実はルパーブジャムは、ダイエット生活の助っ人なんです。

もともと高血圧で体重を減らすように医者から指導を受けていたムッシュ。4月のウェールズ旅行を契機に、健康年齢を伸ばすことを強く意識し始めた。

そして、

娘のダイエットのきっかけは1枚の写真。今年の正月休み。浅草寺の初詣の帰り、参道でメロンパンを持ってご満悦の写真が、「どっちがメロンパンか?」と言うくらいパンパンだった。これはまずい、と思ったみたい。

私は、いつもダイエット、と言っていい。年齢的に代謝しないもん。普通に食べれば確実に太る。でも家族がいるから、1人分だけダイエット食にするのは、なかなか大変。意思も弱いしね。で、この数年はじわじわと体重が増加傾向で、スーツのボタンが苦しくなってきた。洋服が着られなくなるのは、経済的にもまずい…。

そんな折、ふたりがダイエット宣言。
ちゃっかり、それに便乗しました。

で、話を戻します。
ルパーブジャムがダイエットに効果的、という話。

ダイエットするということは、摂取する絶対量を減らすわけで、どうしても便秘になりますよね。
このルパーブジャムを食べると、なぜが我が家のメンバーにはてきめんに効果が表れる。
植物繊維を多く含んでいるからだと思う。

見た目もフキみたいで、繊維感半端ないですもん。それにこの尋常でない酸味には、きっといろいろカラダに良さそうなものが含まれているに違いない。

朝はルパーブヨーグルトかルパーブトーストを食べて、お弁当には五穀米、夕食は玄米に切り替えた。そして、夜9時以降は食べ物を摂取しないようにした。

娘はジムに通ったり、合気道の道場に行って体を動かしていたが、私はお風呂上がりに自己流体操をする程度。

2ヶ月近いダイエットを意識した食生活を送った結果、ムッシュは3キロ、娘と私は2キロの体重減に成功。目標体重には届いていないので、家族ダイエットは、今も継続中です。

また、結果報告しますねー。




  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。










グルテンフリーの抹茶スノーボール

P1110159 - コピー

バターや卵も不使用なのですよ。

いつも小麦粉やアーモンドプードルを使っているのだけれど、今回は抹茶だから、なんとなく米粉を使おうと思い立った。だったらいっそううんとヘルシーにして、バターも使わない。油分は「グレープシードオイル」にした。これは、ワインのブドウの種を絞ったオイルで、うちの近所のスーパーでも売っている。クセのない風味。ビタミンEの含有量はオリーブオイルの4倍だって。

そして抹茶は、静岡県島田市の「Matcha Organic Japan 株式会社」のもの。
幕張メッセのFOODEX2017に出店されていたのがきっかけで、個人的に応援しているの。
まさに「作り手の顔が見える」お茶です。

役者は揃った。材料を混ぜて、くるくる丸めて、トレイに並べて、楽しー。

P1110143 - コピー

ええぞ、ええぞ。低温のオーブンでじっくり焼くと・・・・・・

P1110144 - コピー

ひび割れてるのも、ご愛敬。
粉糖でカムフラージュすればよし。

もっとおしゃれにするのなら、ホワイトチョコと少しのゴマで、ほれ、この通り!

P1110158 - コピー

ホワイトデー仕様にして、ムッシュと食べました。「うまい!商品化できるんじゃ?」
こんなにひび割れじゃ、ダメでしょう。それに自分で作るから楽しいの。

抹茶の味と香りが生きてます!!
ほろほろサクサク、メレンゲのような、「ちんすこう」のような食感がくせになります。

まだ試作段階のため、レシピ掲載できず、すみません。


ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります


ウェールズの伝統的なお菓子・バラブリス

image

バター未使用。ドライフルーツたっぷり!

アフタヌーンティーに行くと、スコーンやサンドイッチといっしょに並んでいることもあります。でもまだまだマイナーな存在ですね。「バラプリス」という美しい響きのお菓子。ウェールズ語で「斑点のある(まだら模様の)のパン」という意味らしく、ちょっとかわいそうなネーミングのような気もします。とてもおいしいティーケーキなのに。

ウェールズは英国を構成する4つの「国」のひとつです。
イングランド、スコットランド、北アイルランド、そしてウェールズね。
でもウェールズはダントツに知名度が低いなー。

ウェールズへは、ロンドンから鉄道で西へ2時間ほどで行けます。
息をのむ絶景が広がっている・・・・・らしい。
「天空の城ラピュタ」の舞台になったお城もあるとか。
他にも世界遺産がザクザクあって、調べるほどに訪れたい国ダントツNO1になっちゃいました。
ウェールズ出身の有名人といえば、作家のCWニコルさん。
それから、映画の中の人物だけど私の大好きな映画「ノッティング・ヒルの恋人」で、ヒューグラントの演じる主人公の同居人スパイクも、ウェールズ人という設定だったなあ。変人だけど、すごくいいやつ。

このバラブリスはそんなウェールズの国民的なお菓子です。
実はウェールズが気になって、ウェールズ政府日本代表のHPを見ていたら、「バラブリスの世界大会」の記事を発見したのが、今回自分でこのお菓子を作るきっかけになりました。
(イーストを使ってパンみたいに焼く方法と、ベーキングパウダーを使うパウンドケーキ風の2種類があるけれど、私はお手軽なベーキングパウダーのほうです。)

たっぷりのドライフルーツを一晩紅茶に漬けこんでぷくぷくにして、パウンドケーキみたいに焼きます。

image

こういう感じに焼き上がります。


image

パカーンとカットするとかんな感じ。ブドウパンみたいでしょ。

バターは入れない。だからスパイスや紅茶の風味が引き立つ素朴な味わいが魅力です。
でも食べるときはちょっとだけバターを塗ってみてくださいね。ミルクティーに合いますよ。

◆レシピ覚え

アールグレイのティーバッグ 2つ
熱湯 150cc
てんさい糖 80g マーマレード 大さじ2
ドライフルーツミックス  120g
薄力粉   120g
ベーキングパウダー  小さじ1と1/2
シナモンパウダー  小さじ1/2
ジンジャーパウダー、クローブパウダー 合わせて小さじ1/2
卵  1個

1.ボウルに分量の熱湯で紅茶を濃く淹れ、ティーバッグを取り出したら、砂糖とマーマレードを入れてよく溶かす。
2.1.にドライフルーツを加え、ふたをして一晩置く。
3.オーブンを170℃に温める。パウンド型にクッキングシートを敷く。
4.大き目のボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、ミックススパイスをふるい入れ、そこに、溶き卵と2.を加えてゴムベラでよく混ぜる。
5.型に流しいれ、オーブンで30分焼く。オーブンから出したら、10分ほど休ませて型から抜く。カットしていただく。



ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります





ちょっとぜいたくなぜんざい。

image


和三盆を使ってます。

去年の秋に買って忘れていた和三盆。固まって「らくがん」状態になっていた。
ちょうど鏡開きでおぜんざいを作るから、甘みはぜいたくに和三盆を使ってみましょう。

小豆200gは、カップ1.5くらい。その4倍量の水で、2回、ゆでこぼします。
3回目はそのまま弱火でゆでること約1時間。(小豆の状態によってはもっと短くていいかも。)アクもしっかりとりましょう。指でつぶれる柔らかさになったら、和三盆どどんと130g投入。塩ひとつまみもね。さらに15分ほど煮たら出来上がり。
しっかり焼き色をつけたお餅の香ばしさに合いますなあ。
おせちに入れようと思って買ったけど結局使わなかった栗の甘露煮も入れて、っと。
ぜいたくなおぜんざいの完成です!

んー。美味しい!

ムッシュが60歳になった頃から、娘の提案で「餅は一人では食べない。」と言う決まりができた。生来おっちょこちょいで、食べ物にいやしい私達。危機回避のためです。

毎年年末年始になると、「お餅を詰まらせて救急搬送」というニュースを聞く。そして、だいたい患者は高齢者だ。おっちょこちょいだからではなく、嚥下機能の低下、ですね。

つまり私もムッシュもそろそろリスキーな世代だってことです。


  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。

和三盆の打ち菓子

image


素敵ないただきものです。香川の「羽根さぬき本舗」の打ち菓子、和三盆だけで作った、かわいいらくがんです。
口の中でほろほろと溶けて、お抹茶に合う!娘が「朝のお茶は運気が上がるらしいよ」と元気よくラグビー観戦に出て行った。

ふだんミルクとお砂糖を入れて飲むコーヒーも今日はブラックで。お菓子がかわいいから、こんなガーリーなセッティングをしたくなる。

image


私はあんまり人にプレゼントはしないけど、これ、覚えておこうっと。かさばらないし、老若男女、国籍にかかわらず喜ばれそう。

image




  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。

甘酒で夏を乗り切れ!

image


「甘酒」は夏の季語なのですよ。

今年は、米麹から甘酒を作って、楽しんでいます。先日の料理コンテストの賞品のサーモスのフードコンテナーのおかげで、発酵が格段にラクになりました。

image


材料は、米麹と水だけ。この麹は、200g入りです。あとは、料理用温度計。これは必需品。

image


まず、サーモスに熱湯を入れて、しばらく置いておく。
小鍋に、200ccのお水を入れ、弱火にかけ、60℃にする。そこに米麹をほぐしいれ、木べらでかき混ぜながら、温度をチェックし、67℃になったら、サーモスのお湯を捨て、素早く鍋の中身をあけて、すぐふたをする。
このまま、6時間放置する。それだけで出来上がり!

image


お砂糖とは違う、なつかしい甘さ。
子供の頃、母があんかと一緒に麹が入ったお鍋を布団でぐるぐる巻きにして、甘酒を大量に作っていたなあ。

私は、だいたい2倍にうすめて、冬は温めて、夏は氷を入れて頂く。

今日は冷たい甘酒。すーと体に染みこむ甘さ。
「飲む点滴」って、うまく言ったものだな。

さてっと。しゃっきっとしたところで、仕事の準備。甘酒効果かしら、お化粧の乗りがいいとご機嫌の私に、ムッシュってば、
「おっ、化粧が濃いぞ、京唄子みたいだぞ。」
とからかう。じゃああなたは、鳳啓助かい、っと混ぜ返して、家を出た。昭和な夫婦でございます。ポテチン。




  よろしければ、クリックお願いします。 励みになります。


甘くて酸っぱいレモンメレンゲパイ。

image


広島産のレモンをお安く買ったので、衝動的に作ってみた、「レモンメレンゲパイ」。

酸っぱいレモンカードと、甘くてフワフワのメレンゲに、サクサクのパイ。見た目も爽やかな初夏のデザートです。

でもね。作るのは、汗だくなの。パイ生地はすぐダレちゃうし、オーブンから出したり入れたりでキッチンの温度も上がるし。

でも、一口食べたムッシュが、「うわ、うまーい!」と西川大輔ばりに叫んでくれたので、すべてが報われる。いやほんと、作った私も驚くくらい、おいしいんです。

image


「何だこれは!」とムッシュは言うけど、20年くらい前に作ったことがあるんよ。その時は、なんて手間がかかるんだろう、と四苦八苦して作ったけれど、手順を踏めば、テクニックは要らないなと本日気づきました。

ロンドンのカレッジの社会人コースで教わったこのレシピは今も大切にファイルしている。マーガレットと言うチャーミングな名前のおばあちゃん先生からは、イギリスの飾らない家庭料理をたくさん教えてもらった。
あるときマーガレット先生おすすめのパブランチをクラスのみんなと食べに行ったら、イギリス人も絶句するほどまずくて、「あの先生の舌はもう信じない!」とみんなで大笑いしたなあ。

みんな元気かな。
また会えるかな。

image


※今日のパイのレシピは非公開とさせてください。



  よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。

十字架のパン。ホットクロスバンズ

イギリスでイースターと言えば、これ。

image



「ホット」は熱い、「クロス」は十字架、イースターの3日前の金曜日(Good Friday)に食べるのが正しいそうです。イースターの季節、イギリスのスーパーやパン屋さんに、このスパイシーで表面がシロップでテカテカしたパンが並びます。

春になると、このパンを焼きたくなる。焼くのがまた楽しいの。クロス(十字)の部分を張りつけるのは、工作みたい。それにスパイスの香りが幸せ気分を上げてくれる。

スパイスとドライフルーツがたっぷりで、パンと言うよりお菓子感覚で食べられます。


image




《ホットクロスバンズ》
9個分
■材料
グラニュー糖 小さじ1
ぬるま湯   100cc
ドライイースト 6g
強力粉    300g
塩     小さじ 半分
シナモン   小さじ1
オールスパイス 小さじ 1/3
ナツメグ   小さじ 1/5
グラニュー糖  大さじ2
ほしぶどう  50g
ドライフルーツミックス  40g
牛乳     45~50cc
卵   1個
バター   30g

・クロス用
小麦粉  50g
無塩バター 20g
冷水     小さじ 2

・グレイズ用
牛乳 大さじ2
水  大さじ2
グラニュー糖 大さじ3
   
■作り方

1.小さいボウルにぬるま湯、グラニュー糖を入れよく混ぜ、ドライイーストをふりかけて、ビールの泡状になるまで置いておく。
2.温めた牛乳にバターを入れて溶かし、溶き卵をまぜいれておく。
3.大きなボウルにふるった強力粉、塩、ミックススパイス、グラニュー糖、干しブドウ、ドライフルーツを入れる。ここに1.のイースト液を入れ、2を加える。
4.生地を7分間くらいこねて、薄く油をひいたボウルにいれ、一次発酵させる。
5.倍に膨らんだら、空気を抜き、9等分して丸め、オーブンシートを敷いたトレイにならべ、二次発酵。
6、ショートクラストペストリーの要領で粉にバターを練りこみ、冷水を混ぜてひとまとめにし、めん棒で延ばしてナイフでカット、クロス用のリボン生地を作る。オーブン200℃に温める。
7.刷毛で水を塗りながら、クロスを貼り付けて、オーブンで約15分~20分焼く。
8. その間グレイズの材料を小鍋で温める。
9. 焼きあがったら、即8. を刷毛で塗り、温かいうちに頂く。


    よろしければ、クリックお願いします。
      励みになります。


お正月的自家製スィーツ2品。

黒豆の煮汁をアガーで固めたら


ちゅるんとヘルシーな黒豆ゼリーです。
きな粉と合います。美味しくて奪い合いになりました。


こちらは、抹茶ティラミス。
青のりじゃないよ。抹茶だよ。
豆腐とクリームチーズとホィップクリームを少し。ビスケットは、濃く淹れたほうじ茶でしとらせました。あっさり和風のティラミスは、「まあ、こんなもんね」と、あなたは辛口評価でした。ガクッ。

でも、

お正月休みに、いろいろ試作するのは、楽しいなあ。

ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ&楽しい」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります     
続きを読む

ミンスパイの作り方、大公開!


イギリスのクリスマスになくてはならないミンスパイ。クリスマス当日食べるというより、クリスマス時期の来客のお茶受けの感覚かと勝手に思ってます。忙しい年末、友人と「今年ももうすぐクリスマスねえ。」と、お茶を飲んでしみじみするの。スパイシーなドライフルーツがぎっしり詰まってる、素朴なお茶受け。
ドライフルーツの甘みで十分なので、砂糖はあまり使わないのが嬉しい。

ジェイミーオリバーさんのレシピが手軽でフルーティーなので、参考にしました。

さあ、フォトジェニックなミンスパイの作り方紹介です。クリスマス時期しか焼かないから、自分の記録としても。

まずアマゾンで買った瓶詰めのミンスミート。パイの中身です。「ミート」と言ってもお肉ではありません。クリスマスシーズンになると、イギリスのスーパーの食品コーナーに大量に並びます。もちろんミンスミートを手作りする事も出来るけど、材料の調達が大変だから、これにちょい足しするイギリス人がほとんどです。


材料はこんな感じ。

お菓子にしてはシンプルな材料だと思う。

まずは、皮、というか、パイ生地ね。

バター入れてパラパラにして
冷水入れてナイフでさっさと混ぜ、
かろうじてまとまる位。ラップして30分ほど冷蔵庫で休ませる。

続いて、具の準備。

刻むだけ〜〜。

そして、ここがメインイベント!

大好きな生地作り。ショートクラストペイストリーです。。

楽しい!

るんるん♫ 型にはバターを塗って薄力粉をはたいてあります。(分量外)


フォークでちょいちょいとピケします。

クリスマスらしく星型のふたが最近の流行り。

生地をちょっとだけ休ませる。


その間さっきの瓶のミンスミートと刻んだドライフルーツ混ぜます。ブランデーもちょっぴりね。




型に入れる。 この型はロンドンで買いました。日本だとマフィン型で代用するしかないかしら。 

星のヘリをちょっと水でぬらすのよ。
でもって、ハケで牛乳を表面に塗る。

あとは180℃のオープンで焼くこと20分で、できたあ。

焼いている間、キッチンがスパイシーな香りに満ちて、まるでヨーロッパのコテージにいるようざます。



要するにタルトレットなんです。いかにもイギリスらしく、素朴なお味。そしてお茶のお供にちょうどいい大きさ!
年末のパーティーの差し入れに持っていけば、女子力あがるわよー。




ロンドンの料理教室で大量に焼いたミンスパイを、フラットのダイニングに飾っていたの覚えてる?あなたの仲良しのマリちゃんが、「おばちゃん、これ食べていい?だーい好きなの」と、ふたくちで食べちゃったよね。「さっすが現地校!」と感心したのも18年前。
マリちゃんに食べてもらいたいなあ。
「おばちゃん、すごいよ。進化してる!」って、きっと言ってくれると思う。

さて、作る気になった?材料も書いとくね。


続きを読む

超ヘルシーキャロットケーキ。


砂糖、バター、卵不使用!


先日作ったデーツピューレで、キャロットケーキを焼いてみた。
デーツをたっぷり入れれば、メープルシロップはいらないかもしれない。

《材料》
デーツピューレ 大さじ 3
メープルシロップ 大さじ 3
サラダ油  大さじ 4
ニンジン  小1本
クルミ  ローストして砕いてカップ1/3
※飾り用に少しとっておく。
全粒粉の薄力粉  1カップ
ベーキングパウダー小さじ1
シナモン少々
ナツメグ

ヨーグルト 1カップ  
※個人的には小岩井のプルーンがいい。
コーヒーフィルターで3時間ほどこして、クリーム状にする。

※デーツピューレがなければ、メープルシロップ大さじ2でもOK。

《作りかた》
※下準備
・薄力粉、ベーキングパウダー、シナモン、ナツメグを合わせてふるっておく。
・オーブンを180℃に余熱する。

 1.ボウルにデーツピューレとメープルシロップを入れて、サラダ油を少しずつ加えて泡立て器で混ぜていく。

2.にんじんのすりおろしを1のボウルに混ぜる。

3.下準備した粉類とクルミを入れ、ヘラで全体を混ぜる。

4.型に生地を流し入れ、180℃で約35分焼く。網の上で冷まし、ドリップヨーグルトに少しのメープルシロップを加えたクリームを塗ったら、出来上がり。


どーだ。おしゃれやろー。




甘くて美味しいスイーツは、プロに任せるとして、家庭では、焼きっぱなしの素朴なケーキが、ほっこりしますね。

ブログをお読み下さりありがとうございます。マダム昌代は「キレイ」にこだわったレシピを提案してまいります!

ポチッと押して応援いただければ、励みになります


デーツ(ナツメヤシ)をピューレにした。

マクロビのシェフの友人が、デーツの甘みを生かして、砂糖抜きのケーキを焼いていたのを見て、思い出した。

ロンドンのスーパーでデーツのピューレが売っていて、ジャムみたいに使っていたな。

ピューレを自作して、甘味料みたいに使えば、超ヘルシーかも。だってデーツはすんごい美容効果あるんでしょ。カルシウムやマグネシウムはプルーンよりも多いと、聞いたことある。

今まで、干し柿みたいにそのままムシャムシャ食べていたけど、ピューレなら、応用範囲も広がるわ。

で、さっそく作ってみた。
まず、ぬるま湯でふやかす。


あとは記憶と勘を頼りに…






続きを読む
ギャラリー
  • ポートランドの街をふらふら。その②
  • ポートランドの街をふらふら。その②
  • ポートランドの街をふらふら。その②
  • ポートランドの街をふらふら。その②
  • ポートランドの街をふらふら。その②
  • ポートランドの街をふらふら。その②
  • ポートランドの街をふらふら。その②
  • ポートランドの街をふらふら。その①
  • ポートランドの街をふらふら。その①
プロフィール

マダム昌代